【※NU茶屋町店営業時間変更のお知らせ】

7月1日より、1時間早まっての11時から20時までの営業とさせて頂きます。ご来店の際はご注意下さいますよう、宜しくお願い致します。

● 天神橋本店(レタス/IENOGU)11:00-19:00(水曜定休日) >> KAKERA展 開催中

● 梅田NU茶屋町店 11:00-20:00(休日は館に準ずる)  >> 北欧ヴィンテージと夏の暮らし展 開催中

MENU

【※NU茶屋町店営業時間変更のお知らせ】

7月1日より、1時間早まっての11時から20時までの営業とさせて頂きます。ご来店の際はご注意下さいますよう、宜しくお願い致します。

● 天神橋本店(レタス/IENOGU)11:00-19:00(水曜定休日) >> KAKERA展 開催中

● 梅田NU茶屋町店 11:00-20:00(休日は館に準ずる)  >> 北欧ヴィンテージと夏の暮らし展 開催中

スタッフのつれづれ

安土桃山時代の人たちはサスティナブルだった!~金継ぎ~

皆さまこんにちは!

 

今年梅雨入りしてから既に5本ほど傘を購入しております、

スタッフの髙村です。

 

5月より見習い現場管理として、先輩方に引っ付いて

日々様々な現場に伺っているのですが、

気が付けば傘を無くしているという事態が頻発しております。

 

自転車で買い物に行って徒歩で帰宅する、

現場からスリッパのまま帰社しようとするなど、

うっかり?事件をよく起こすので、もっとシャンとしていこうと思います…。

 

さて、うっかり?ドジ?繋がりのお話です。

先日、シンプルハウスNU茶屋町店で購入した

ヴィンテージのB&G/temaシリーズのシュガーポットを

不注意で割ってしまい落ち込んでいたのですが、

とある修理方法を思い出し試してみることにしました。

 

こちらが割ってしまったシュガーポット。

 

本体は無事だったのですが、蓋部分がバッキバキに割れてしまいました…。

(上の方に映り込んでいるのは我が家の猫です。

破片をおもちゃにしようと虎視眈々と狙っています。)

 

思い出した修理方法とは、【金継ぎ】です。

ご存じの方も多いと思いますがちらっとご説明を。

金継ぎとは、陶器・磁器・漆器などの割れや欠け、

ひびといった破損部分を漆で接着し、

金粉で装飾して仕上げる修復技法です。

 

諸説ありますが、今から400年以上前の安土桃山時代には

既に活用されていたとも言われている日本古来の技法。

 

割れや欠けがわからないようにただ継ぐだけでなく、

継いだ部分を新たな美しさとして楽しむ、というのが金継ぎの良さだと思います。

ずっとやってみたかったのですが、

そのためだけに食器を割るのも本末転倒なのでいい機会です。

 

今回は初めての挑戦ですので、ネットで漆⇒工芸漆(合成樹脂)、

金粉⇒真鍮粉で代用した簡易キットを購入してみました。

 

写真がどうも下手で、すこし暗いのはご容赦くださいませ…。

 

ちなみに我が家はヴィンテージの作業台を

ダイニングテーブル代わりにしているのですが、

ようやく今回、本来の使い方をしてあげられたような気がします。

 

さて、こちらがキットの内容。

接着剤、パテ、工芸漆、テレピン油、真鍮粉、

筆など必要なものは全て揃っています。

 

まずは接着剤で割れているパーツをくっつけます。

 

 

(元々あった貫入らしきものはそのままにしておきます。)

欠けている部分はパテを練って埋めていきます。

固まるまでは約10分。本格的な漆を使用すると

この接着だけで1週間ほど掛かります。

アイスを食べながら待機しているとあっという間にくっつきました。

 

 

はみ出た接着剤とパテをカッターで削り、

水で濡らしたサンドペーパーで研いで滑らかにします。

 

さて、いよいよお楽しみの金継ぎっぽい作業!

真鍮粉をテレピン油と工芸漆で伸ばして、

小筆で割れと欠けの上にのせていきます。

 

左手の力み具合が尋常ではないですがとっても楽しい作業です。

指や爪にも付いていますが気にせず塗っていきます。

 

この金の線自体は割とすぐに乾きました。

さて、いよいよ完成です。

 

 

おや?これは…

 

 

光の具合でどうしても金が光ってしまうので

分かり辛いですが、とってもいい感じではないでしょうか。

 

特に裏側がお気に入りです。

おかしな話かもしれませんが、元々の姿より

こちらのほうが好きかもしれません。

自分で手を掛けて修理することで愛着も倍増です。

 

壊れたら捨てて、また新しいものがすぐ

手に入る時代ではありますが、

私はこうしてお気に入りのものたちは

大切に大切に扱っていきたいなぁと改めて感じました。

 

今あるものをゴミにせず長く使うというのは、

最近よく聞くサスティナブルという言葉に

通ずるものがありますね。

 

今回はあくまで簡易金継ぎ(風)の修復となりましたが、

次回は本格的な金継ぎをやってみたいと思います!

 

皆さまも、お気に入りの食器が割れてしまった際は

是非!金継ぎも選択肢に入れてみてください!

とっても楽しいですよ~!

 

 

 

 

 

 

 

ストア情報

【営業再開のお知らせ】梅田NU茶屋町店

 

こんにちは。シンプルハウスの大宅です。

 

順調に毎日コンポストをかき混ぜています。(前回のブログ参照)

コンポストを始めると、

今までただただ捨てていた、生ゴミの量に驚きます。

そしてそれを毎日分解してくれる微生物たちにも愛着が。。

会社で自分用に入れたコーヒー豆さえも持ち帰り投入。もはやペットです。

 

地球にもやさしく、母性までも育めるなんて

コンポストって素敵です。

 

さて、

NU茶屋町店、本日より営業を再開しましたよー!

 

長かった37日間のお休み期間中に

店内も夏仕様に模様替えしまして( ◠‿◠ )

 

北欧ヴィンテージのコーナーや

 

ガラスや香りもの雑貨も豊富に♪

 

ドレッサーとしてもお使いいただける、デスクもアリマス!

 

 

 

さらに、こちらのイベントもようやくスタート★

KAKERA展 @NU茶屋町店

 

【特別企画】セミオーダー会も行なっています^^

どんな内容かというと・・・

フレームの形・フレームカラー・タイル・目地の色を

オリジナルでお選びいただけますよー★

そしてこちらのMENUボードは、

何でも作ってしまう専務大畑手作りです^^脱帽!

 

 

そしてそして!もうすぐ始まるイベントがこちら

トライバルラグフェア@NU茶屋町店

新しくお取り扱いをスタートした

トライバルラグのお披露目会を開催です!

 

トライバルラグについてはこちら

 

リビングでついころころしてしまいそうになる

ほっこりなギャッベとは少し雰囲気が違い、

お部屋をシュッとかっこよくしてくれる絨毯です。

 

約1ヶ月と期間も長く設けていますので、

ふらふら~っとお越しください。

 

それでは!

ストア情報 イベント情報 インテリア

北欧ヴィンテージ家具「七変化」の秘密は、機能性!?

天神橋の新しいお店が、形になってきました!

どんな商品が並ぶのか、ワクワクドキドキの止まらない、ストアスタッフの辻です。

ただ今、天神橋レタス店では、「北欧ヴィンテージ展」を開催中。

こんな時期ではありますが、ビンテージ好きのお客様が、連日ご来店頂き、嬉しい限りです。

 

今日は、ビンテージ家具の「七変化」と題し、ビンテージの隠れた機能性をご紹介します。

まず、北欧ビンテージのテーブルに、天板が伸びる、エクステンションが多いのは、

ご存じの方も多く、一番人気ですね。

 

 

このように、両サイドに伸びるタイプが一般的ですが、

こちらは片方だけに伸びて、補助板が内蔵されている、といった変わり種です。

 

 

普段はご夫婦だけの家族でも、週末は子供たちが集まってくるから広くしたいの、とか

お鍋の時、片方だけ伸ばして、お野菜を置くのに便利よね、とか、

テーブルの伸長機能の人気は、止まりません。

 

ビンテージのチェストや、キャビネットも、

一見、普通のチェストの見えて、実は!というのも多いのです。

こちらは、パっと見は、3段のチェスト(取っ手がカワイイです!)。

でも、1段目の引き出しを開けると、デスクに!

そしてフタを開けると何と!ミラーが出てきて、下には収納になる引き出しが!

 

 

こちらと同じように、チェストとデスクが一緒になった、いわゆるビューロータイプが人気ですね!

リビングの空間に置いたり、女性では自分だけのプライベート空間として、

寝室に置かれる方も多いアイテムです。

こちらは、今回初めて入荷した、サイドボード。

リビングや個室で、収納やTVボードとしてお使いいただけます。

こちらは、やや!天板と扉の間から、トレーが出てきますよ。

 

 

これなら、軽く書き物をすることもできますし、

アクセサリーを置いたり、意外と便利に使って頂けますね。

シンプルで、こんな風にちょっとした機能があるところが、心をくすぐります!

 

最後に、究極の機能性をご紹介!

こちらは、普段はただのボックスに見えるのですが、

観音開きに左右に開くと、細かい棚がびっしり!これでもか!というほどの収納です。

そして、ぱたぱたぱた・・・と開いていくと、こんなに広いデスクに!

 

 

どうしても中を見せたくなかったのか、究極のお片付け好きか?

からくり仕掛けのような家具は、どういう構造になっているのか、

思わず下からのぞいたり、広げたり畳んだり、からくり仕掛けを解いてみたくなるような、一点です。

 

北欧は、冬が長く、おうちでゆっくり過ごすことが多い国。

週末は集まって、みんなで楽しく食事をします。

そんなお国柄から、このような家具たちが生まれてきたのかもしれませんね。

 

北欧ヴィンテージ展は7月25日まで、

ご来店でのご購入はポイントが10倍。

イベントならではの特典もありますので、ぜひお越しくださいね。

 

▶イベント詳細はこちら

▶オンラインストアはこちら

 

ストア情報

ちょうどええ!!中座椅子★

こんにちは!ストアスタッフの黒田です^^

 

夏がもうそこまで近づいている気がする日々ですが、

皆様いかがお過ごしでしょうか?

それにしても梅雨入り早すぎませんか、、、?!

毎年6月ギリギリまでクーラーは我慢してますが

今年は早々に解禁しました><

(年々暑さに弱くなっている気が、、、)

そんなジメジメ暑さに背中を押され、この前の休みにやっと衣替えをしました^^

 

 

これで夏を迎えられます。

ちなみに足首を出すだけで体温が下がってかなり涼しく感じますよね~。

 


 

さて、今回ご紹介するのは天神橋店に展示している\\\\Lager Chair////

 

 

¥33,000-(税込)

※張地により¥24,200~(税込)ございます。

サイズはW42.5 D48 H62.5 SH30 

フレームはブナ無垢材、オイル塗装です。

フレームの色はナチュラル・ミディアムブラウン・ダークブラウンから、

座面の張地はなんと約80種類の中からオーダー可。

(店頭商品はダークブラウン・オイルレザー ダークブラウン色)

 

椅子だと高いけど、床に直座りだと低い、、、

そんな時にちょうどええ椅子なんです。

 

ちなみに私も持っています!笑

 

 

フレームをミディアムブラウン、張地はモケットのブラウンでオーダー。

我が家は以前お伝えした通り、座卓にギャッベを敷いていて

普段はそこで直座り生活をしていますが

たまに椅子に腰掛けたい気分になりまして、、(特に靴下を履く時)

でも7.5畳の部屋でソファ置いたら狭すぎるしどうしよう!

と悩んでいた時に出会いました^^

 

 

背もたれが広くカーブが深いので身体にフィットし、ゆったり腰掛けられます。

所々の木の丸みも可愛らしい。

畳の部屋で使用しても傷付きにくいように、また滑りが良いように

少し丸みを帯びた直線の脚になっています。

フローリング、畳、ラグなど様々な場所で使用できる万能なチェアです。

 

 

座面が広くクッション性もあり、この上であぐらもかけます。笑

 

座卓の横に置いたり、このようにサイドテーブルを持ってきても◎

 

 

ソファ代わりとして十分くつろげますし、

私はこの椅子に座って、毎晩快適に晩酌しております~^^♪

 

ストアでは、他の種類の張地も見ていただけますので

是非、店頭にてご体感下さい!

 

———————————————————————————————————-

 

最後になりましたが、

ストアではビンテージ展、KAKERA展、トライバルラグ展と

皆様に少しでも喜んでいただけるよう

イベントが盛りだくさんとなっております!

コロナ感染対策をしっかりしてお待ちしております。

 

詳しくはコチラ

 

イベント情報 スタッフのつれづれ リノベーション

一級建築士がゆく!物件案内からリノベまで~戸建て編~

特段お料理得意ではないのですが、ストウブ鍋を買って無水料理にはまり、

友人を家に招いては

『これ味付け塩だけやねん~~』とニンマリしている一級建築士立花です。

 

 

 

今日はお客様のご好意で、実際に戸建てリノベさせて頂いた方の物件探しからリノベーションに至るまでのあらすじを赤裸々に語りたいと思います。(K様有難うございます!)

 

絶賛工事中、こちらが完成イメージ。

 

 

 

K様との出会いは昨年今福鶴見のオープンハウスにご来場頂いたことでした。

 

 

城東区 今福鶴見 駅近物件 高断熱でお財布に優しい住まい

 

じっくりシンプルハウスのリノベ空間をご覧頂いて、お話をお聞きしますと

今は姉妹で賃貸にお住まいで物件購入からお考えとのこと。

「車があるので “マンション” か “戸建て” か悩んでます~」

ということで、

ここでざっくりマンションと戸建ての特徴をご説明します!

 

【RC造マンション】

・物件数が多い

・立地がいい場所(駅近)に建っていることが多い→便利、将来的に売却しやすい

・管理、修繕費は物件価格とは別に毎月支払い、積立

・気密性、断熱性が比較的高い

 

▶マンション事例「脇役素材の存在感」

 

【木造戸建て】

・エリアを限定すると物件数が少ない

・外観や窓サッシ、玄関ドア、アプローチ等自由に変えられる

・庭や駐車スペースがある

・リノベで触れる範囲が多いのでリノベ費用が高くなりがち

 

▶戸建て事例「ロードバイクと山とワタシ」はこちら

 

後日より具体的なご相談にシンプルハウスにご来店。

・ご希望のエリア

・ご予算

・時期

など踏み込んだお話をヒアリングした後

『駐車場のことと、戸建てのほうが自由度が高くおもしろそう!』

ということで

(言葉で仰ったわけではないですが、私にはそう聞こえました^^)

中古戸建てを選択されます。

いざ物件探しスタート!

 

 

まずは今のご自宅から近いエリアでお探し、物件提案ロボと併用してくまなく探します。

(AIが物件を探してくれる時代が到来しました~詳しくはスタッフまで)

気になった数件をピックアップし、内覧へGO!

 

シンプルハウスでは物件案内に不動産エージェントとリノベーションスタッフも一緒に同行させて頂きまして、

不動産目線とリノベ目線の両面からこの物件がお客様にとってどうかを客観的にお伝えします。

 

 

劣化状況を見て、いいことも

悪いこと(リノベでは変えられないこと、中には家自体が傾いている場合も)も伝えます。

 

エリアを広げてみるも、いいと思った物件がご両親の反対に合ったりと紆余曲折ありまして

ついにある物件と出会います。

 

そう、中古物件って出会いなんです。

よく結婚に例えたりしますよね。タイミングがとても大事です。

 

これまでに何件も物件案内に行ったおかげか、下調べが完璧なK様。

事前に周辺環境の確認はもちろん、将来近くに大きい道路が通るから便利になるはず!と素晴らしい着眼点。

 

 

家が気に入っても周辺環境が肌に合わないと、見に行っても決め手にはなりません。

家自体よりもまずは住みたい街かどうか、が物件を決める上での最大のポイントです。

 

実際お決め頂いた物件がこちら!

 

 

築45年ですが、おばあちゃんが丁寧に住んでおられ、数年前に外壁塗装したりと築年数のわりにはとても状態のいい物件でした。窓からの眺望も◎。風通しもいい立地です。

 

私も何件も内覧した中で一番よかったので、思わずテンションがあがりました。

「K様、ここいいですね!!」

 

この状況ではほとんどの方がピンとは来ないと思いますが、ここで私の出番です。えっへん!

リノベ後のイメージを膨らませます。

 

早速プランニング。

 

旧耐震であるため耐震補強を施し、この先も快適に安心して住めるよう窓・床・壁・天井くまなく断熱、見た目だけではなく性能面もしっかりリノベします。

 

プランやこだわりぬいた内装も複数回の打ち合わせの中でご希望の形に近づけていきます。

再利用できそうな階段手摺や天井の仕上げはあえてそのまま残します。

 

そしていよいよ着工!

 

 

こだわりポイントや仕様などもっと細かく熱く語りたいところですが、

長くなりすぎるのでこのくらいにしておきます^^;

まもなく完成!

 

K様邸ではないのですが、

こちらも私が担当させて頂いたマンションリノベ。戸建て級に見所満載!

 

▶現場の様子は過去のブログにて 

5月22日に完成見学会を開催します!現地でじっくりお話させて下さいませ~~

 

完成見学会IN桜ノ宮

 

 

近日公開、戸建てリノベ現場が見れる貴重な機会もありますので、ご興味がある方はぜひご参加下さい。

持ち家の方ももちろん大歓迎!

 

リノベのプロにご自宅のお困りごとお話してみませんか?

 

 

 

立花