10月26日(土)、11月9日((土)、11月30日(土)3回で解る!「中古を買ってリノベーション」セミナー11月23日(土)リノベーション完成見学会IN千里山

MENU

10月26日(土)、11月9日((土)、11月30日(土)3回で解る!「中古を買ってリノベーション」セミナー11月23日(土)リノベーション完成見学会IN千里山

イベント情報 インテリア

北欧ヴィンテージ家具「ひとくせ小さめチェストが勢ぞろい中」

こんにちは!ストアスタッフ&広報のシンドウです。

 

家路を急ぐ足も、心なしか急ぎ足になってくるような、

晩御飯の献立も、「ほくほくしたものがいいなあ~」と考えるようになったり、

体も心も秋らしさを感じる季節となってきました。

 

シンプルハウスでは、只今、ひとくせある小さめチェストが勢ぞろい中。

スタッフの人気もひときわ高いのが、こちら。

脚の形の美しさはさることながら、

 

この薄くて、手の引っ掛けやすい取っ手。

まあるう穏やかな曲線なのですが、くっきりできる陰影といい、

緊張感もあわせ持つ絶妙さが、好きです。

 

甘いだけでなく、しょっぱかったり、苦いかったりする方が

人も食べ物も魅力が増すような。。。しかも。。。。

 

一番上を引き出すと、、、、、

 

なんとミラーが!

アクセサリーをぎっしり並べて、

今日はどれを付けようか、お出かけ前の至福のひとときとなりそうです。

 

笑い声が聞こえてきそうなお口みたいな取っ手。

こちらも気持ちがほころんで、笑顔になりそうです。

 

小ぶりですが、容量はたくさん、

インテリアも楽しみやすい圧迫感のない人気のサイズ感です。

 

左右に2箇所に手を引っ掛けるよう、デザインされているものが多いのですが、

案外、真ん中ぞろえって珍しいのです。

 

そして、ヴィンテージ展の期間中特典として、

森と湖の国、フィンランドが生んだムーミンのエコバックをプレゼント。

 

シンプルハウスの独自依頼で作ってもらいました。

日本ではたぶん、レアなはず。。。

1.5リットルのペットボトルも入れられる、頼りがいあるサイズ感です。

 

北欧ヴィンテージ展は、天神橋本店、NU茶屋町店で

12月29日まで、開催中です。

秋のお出かけにお越しくださいね~。

北欧ヴィンテージ家具展

 

リノベーション

リノベオブザイヤー2019【投票は20日まで】☆

いよいよ今週末締め切りとなりましたリノベーションオブザイヤーの「いいね!」投票。

年に一度、全国からエントリーされたリノベーション事例の中から優秀な事例を一般投票「いいね」数により選定!

選定された事例はノミネートという形で最終選考、東京大学での最終決戦に参加できるというものです。

(最終選考は業界の(建築系・メディア系)審査員によって実施。厳正なる審査の元、受賞作品が決定)

 

リノベーションオブザイヤーについて⇀ https://www.renovation.or.jp/oftheyear/

 

今年もシンプルハウスでは7作品をエントリー!

いいね!済まされましたか?是非イベント参加!宜しくお願い致します☆

 

下記事例写真を押して頂ければオブザイヤーサイトに飛びます。

ハートマークにポチっと『いいね!』 何卒宜しくお願い致します!!!

                                   

                                              大畑

---------------------------------------------------

 

①1000万円以上部門「最上階イズム」 

マンション最上階ならではの事例となっております。お住まいのマンションもこうなるかも!?

 

 

 

②1000万円以上部門「シンプル・マニア」

シンプルハウスのファンでいらしたお施主様による夢の実現!シンプルハウスらしい空間です☆

 

 

 

③1000万円以上部門「築浅の3Dパズル」

水廻りを大逆転!シンプルハウスの得意とする間取り提案で「こうあるべき」の空間となりました!

 

 

 

④1000万円未満部門「無骨とシンプルのさじ加減」

シンプルに留めるって難しい。無骨に決めすぎるのもまた難しい。その間の「いー感じ」のお宅です♡

 

 

 

⑤1000万円未満部門「リノベしてニッポンで暮らすか」

オーストラリアご出身の奥様が日本の住まいで選んだ選択はやはり新築ではなく中古+リノベーション!

 

 

 

⑥1000万円未満部門「ピクチャーフレーム」

構造壁のマンションならではの空間のすっきりさ。フレーミングされたリビングにうっとりです♪

 

 

 

⑦無差別級部門「万博不動産でニュータウンからヴィンテージタウンへ」

大阪北摂エリアにある千里ニュータウンも街開きから50年。リノベーションの力でヴィンテージタウンへ

 

 

     

スタッフのつれづれ リノベーション

関西リノベーションメンバー、いざ北九州へ!vol.3

あはは、もう10月も半ば。。(苦笑)

北九州の記憶がぼちぼち薄れかかってきております大畑です!(開き直り。ここでくじけてはおれません!)

 

時間が経つのは早いですねー。

9月は増税前ということだったんですが、まあ2%の駆け込みは殆ど無かろうと予測していたのですが、どうも

予測がいい感じに外れまして、私の勤務しております梅田NU茶屋町店の物販の売上は普段の二倍!!

(イベントも功を奏しまして、、)駆け込んで頂きました皆様ありがとうございます☆

そんなこんなで忙しい9月があっという間に過ぎ去り、10月も色々と余波を食らいつつ、季節はすっかり秋ですねー。

 

皆さんお待たせしました!

ようやくようやく、少しだけ一呼吸のタイミングなので、北九州リノベツアーの続編を。

(え!?誰も待っていない?解っております。。きっとそうかもしれませんが^^;中途半端は昔から嫌いで

自己満足でもとりあえずコンプリートはさせて頂きます☆)

 

グランド印刷さんからまたバスに乗り込んだ関西リノベ一行、ぼちぼちお腹もグーグー。

(大した運動もしていませんが)ランチタイムを迎えます。

そして勿論このリノベツアーで行くランチもリノベーション関連♪当然じゃないですか!

 

 

じゃじゃーん!タムタムデザインさんが手がけられた「寿キッチン」です。

 

   

 

ここは正にシャッター商店街と言える場所なんですが、寿キッチンさんを起点に、新しい

誘致が始まり活気を取り戻そうとしています。リノベーションの大きな意義と使命ですね。

 

 

食事にありつけてご機嫌な美想空間の末次さんとソラテル空間設計の上原さん。

雨天でもアーケードは外を感じながらも雨に濡れずに食事が楽しめます☆これはいいな!

きっと沢山の笑顔が商店街の活力に繋がっていきますね。

 

食事で集中力を取り戻したリノベツアー一行!次はなんと公団の事例と個人邸(在宅)を見させて

頂けるということで、またまたウハウハ♪

 

 

こちらは不動産プラザの福谷さんが手掛けられている浅川団地。

昭和48年~51年に建てられた団地群で、老朽化のため入居率が下がっていた団地だったのを

内部のリノベーションでどんどん入居率を回復させていった経緯とのこと。

素晴しい!!

浅川団地→ https://lsf.jp/renovation/danchi/asakawa.php

不動産プラザさん→ http://www.f-plaza.net/company/

 

 

内部を拝見させて頂くと「おお!団地リノベ!!」です♪

男前な構造壁を味方につけて、素晴らしいリノベーションが施されています。

ちなみに工事前の物件も拝見させて頂けたんですが、元がこれですからね!

  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 

元々の昭和な状態が好き!という、もうよく解らない意見はほっといて

モルタル×木×白のシンプルな調和がなされています。これで賃貸で住めたら

分譲じゃなくてもいいかも!とか思えてしまいます。

 

   

 

玄関の̪視界の調整に障子の可動壁。公団とは思えない粋なセレクトです。

 

 

きっと動かせない排水の兼ね合いで給水・給湯がぎゅっと左に。

制約が多い中でいかに伸びやかな納まりをしていけるかがチャレンジポイントだと感じます。

 

 

こっそり隠し撮り。

賃貸といえど、やはり暮らし方を提案にしなければいけませんね。無茶苦茶伝わるプレゼン資料です♪

 

 

皆、それぞれの視点で見回りご満悦♪床は私達もよく使うアカシアの無垢でした。

皆団地リノベをご満悦!!雨の中アテンド頂いた福谷さんありがとうございます!!

 

 

そして、浅川団地と並行して見させて頂いたのが今回北九州リノベツアー全体デイレクション

をして頂いたクラフトワークスの武末さんが手掛けられた「つむぐ家」。ご入居中の個人邸です。

こちらは昨年のリノベーションオブザイヤーのノミネートまでいった作品でもあります。

 

 

家具職人さんでもある施主様ご家族は祖父母さんから譲り受けた住まいをリノベーションで

現代的に快適にされて過ごされていました。

しかし一気にスゴイ情報量!

やはり自由設計リノベされた個人邸は「コダワリ」と納まりへの「カットウ」がそこら中から溢れ出ています。

関西から来た目の肥えた建築の変態集団も武末さんの説明に食らいつきます。

 

 

この見事なアイランドキッチン。扉も側板も無垢!天板はモールテックスでシンプルに納めています。

 

 

石巻さんは天板と箱のチリがどーたらこーたらと武末さんを離しません。

皆くるくる回れる楽しい間取りを散策。

 

 

弊社の建築女子、乾も素敵な収納写真をパシャリ!

三十台のOL(一応)が収納の扉の写真を嬉しそうに撮っているなんて^^;シュールな背中姿です。

 

 

こういう所が私なんかもド変態ですのでたまらん所でして、うーーんだいぶ悩んだんやろなーと。

でもこの納まり具合!素晴らしいと。難題に対しての答えの出し方がやっぱり面白いんですよねー。

 

 

昔の柱を活かしつつ、舞台裏の良い意味での手の抜き方って大事だと思います。

 

 

こーんなとこも賄い定食みたいでいいじゃないですか!棚受け部分です。

 

 

楽しそうに窓から顔を出すお孫ちゃんに、きっと祖父母さんも喜んでおられますね。

家をつむぐという解釈はいいなー

 

 

そしてキッチンに戻るとまだ石巻さんが武末さんを質問責め!(笑)

 

 

私も少々クエッション。丁寧に一つ一つお答え頂きます。武末さんの建築愛を感じまね!

 

 

という訳でズカズカと上がらせて頂き、質問攻め!でも皆の顔に「来て良かったー!」と書いてあった

つむぐ家。お施主様ご家族も素敵でしたねー!

長時間お邪魔して質問攻めm(_ _)m

本当にありがとうございました!!

 

こちら昨年のオブザイヤーのページでの「つむぐ家」⇀ https://www.renovation.or.jp/app/oftheyear/2018/281

いいね!押せませんがポチっとしたくなります^^

そして九州で戸建てリノベやるならクラフトワークスへ⇀ http://cwt.co.jp/index.html

 

長くなりましたがvol3終了!次のvol4で終了予定!お楽しみに☆

リノベーション

リノベーションオブザイヤー2019

今年もやって参りました年に一度の祭典「リノベーションオブザイヤー」2019!

全国からエントリーされたリノベーション事例の中から、金額別に優れた事例を決めていくというイベントです☆

 

シンプルハウスもこの一年、沢山の素晴しい住まい創りに関わらせて頂きました。

そしてその中から代表しまして6案件+1構想案件をエントリー!

 

決勝となるノミネート選出には一般の方々の「いいね」数が重要!

下記エントリー写真をクリック、皆さまのいいね!を宜しくお願い致します。

                                        広報隊長 大畑

 

➀1000万円未満部門「ピクチャーフレーム」

 

 

②1000万円未満部門「無骨とシンプルのさじ加減」

 

 

③1000万円未満部門「リノベしてニッポンで暮らすか」

 

 

④1000万円以上部門「最上階イズム」

 

 

⑤1000万円以上部門「築浅の3Dパズル」

 

 

⑥1000万円以上部門「シンプルマニア」

 

 

⑦無差別級「万博不動産でニュータウンからヴィンテージタウンへ」

 

スタッフのつれづれ リノベーション

関西リノベーションメンバー、いざ北九州へ!vol.2

深い眠りから目を覚ました北九州のどんよりした朝。

昨日からの大雨警報もそのまま、朝からのドシャ降り&昨日のお酒が残った状態のまま二日目が始まりました^^;

 

 

朝ごはんもそこそこ、シャワーを浴びてようやく頭が動きだします。

今回宿泊でお世話になりましたゲストハウス「ポルト」さんをご紹介。

レトロ感満載の趣ある宿。お部屋の設えも和洋が程よく混ざり合い、港町ならではの異文化感が旅の情緒を高めてくれます。

https://moji-porto.com/

 

 

階段で爽やかにニッコリのリノべる池上さん。ひとつひとつの場所が絵になる所。

 

 

廊下から中庭ごしには京都いたや工房の石巻親分。一瞬でこの空間に馴染んでいるというか

使いこなしているのがガラス越しでもよく解ります^^向こうでは熱い建築談義?

 

 

そして旅立つ前にみんなでパシャリ!(写真一番左が私大畑)

中腹の神戸から来たフロッグハウス清水さんの目がまだ死んでいますが(笑)皆ぼちぼち九州の夜に負けず

二日酔いから回復!さあ、二日目のリノベツアーの始まりです♪

 

 

今回なんと武末リノベツアーは貸切バスで移動!!

なんちゅー贅沢!でもこれは本当に素晴らしい采配で、何台ものレンタカーに乗り込んで

動いていたらとてもじゃないけど成立しないぐらい沢山回った二日目。

車中でも次はどこだどこだと話し合ったり、さっきいったあそこはも一つだったとかコミュニケーションがし易く盛り上がります。

 

 

そして向かった一件目は、あれれ?リノベツアー?ですよね??

と回りをキョロキョロしてしまう綺麗なオフィス。

実はこちら印刷会社さんでグランド印刷さんという壁紙などをオリジナルで作っておられる会社さんだったのです!

なるほど!

https://grand-in.co.jp/

 

 

写真正面の壁面もオリジナルの柄。ワルパさんのような海外のものではなく国産で、しかもオリジナル!

すごく物腰柔らかく、でも堂々とされ、なんか自社に誇りをむっちゃ持っておられるんだろうなーと

好感しか感じられない社長さんのお話しも聞かせて頂けます。「へー!」「おー!」とカタログも拝見。

下世話な関西人はカタログを広げては、柄もそこそこ、すぐ価格のページへ。「なんぼや!?」

そこがスタートラインで、採用できそうとなると目の色が変わって柄を見入ります^^

 

   

 

事務所、工場も本当に惜しみなくお見せ頂きます。すごい!こーやって作ってんだ!

リノベーションの現場で短い期間で劇的なビジュアルの変化が作れるのも、こういった会社さんのチャレンジや弛まぬ普段の製造管理があってこそ。

現場レベルはあくまで最終調整でモノ作りの会社さんとの連携があってより高いものが生みだれていきます。

 

 

最後はつなぎが格好いいグランド印刷の皆さんも混じって頂いての九州部会×関西部会の集合写真。いい写真だー☆

玄関からのWELCOMEボードに始まり、最後の最後までありがとうございました!

 

 

・・・ということで、もうお腹一杯!リノベツアーVOL2はこれにて終了。。

このまま行くとVOL5ぐらいまで行ってしまいそうなのですが^^;でも出来るだけしっかりお伝えを。

次回VOL3もお楽しみにー!

                                    大畑