こんにちは、NUのショップスタッフ、リノベの現場管理をしています浅井です。

今日は、わたしの北欧ヴィンテージ家具との暮らしを、ご紹介させていただきますね。

 

テレビが置けるサイドボードを探していたところ、出会ったのがこちら。

 

 

ひとめぼれでした。

 

テレビ台として作られたものではないので、ちょっと背が高く、脚は切ってもらいました。

ヴィンテージは、そんなに重いものを乗せることを想定されてはいないので、

テレビを置くの自己責任ではあるのですが、6年経った今も不具合は起きてはいません。

 

 

取っ手部分の形がなんとも言えない、曲線で、手に触れるたびに、

「いいなあ」と感じさせてくれます。

 

 

 

カイ・クリスチャンセンのNo.42チェア。

こちらもひとめぼれ。

 

背もたれと、ひじ置きが一体化しているんですよ。

読書や書きものをする時に、座っています。

ちょこんとした、ひじ置きが本を読む姿勢を楽にしてくれます。

 

 

音楽を聴くときは、よりリラックスできるこちらの1人掛けソファチェア。

1人掛けソファは、ボリュームの大きなものが多いのですが、

こちらは端正なたたずまいで、室内の移動も手軽なところがお気に入りです。

 

 

こちらのチェスト、実は別の場所に置こうと買ったのですが、

その場所に置くのが、ちょっと違うかなと思い、今の場所にいます。

 

小ぶりなチェストなので、ちょっとした空間にいい具合に収まってくれるんです。

タオルや息子家族の宿泊用衣類を入れてます。

 

ヴィンテージ家具のお手入れは、掃除のついでに、蜜蝋のワックスで表面を拭いてます。

2、3ヶ月に1度くらいですかね、それ以外は特に何もしていないです。

 

京都の骨董市で見つけた秤。

古物マニアではないけれど、古いものを扱うお店はちょいちょいのぞきます。

 

シンプルハウスでは、北欧ヴィンテージ展を7月31日まで開催中です。

ぜひ「暮らしのちょっとした特別感」に出会いにいらしてください。

http://www.simplehouse.co.jp/event/20190505-2/