初めてお会いする方にも、「リノベ日記のシンドウさんですか?」

とお尋ねいただいております、ストアスタッフのシンドウです。

 

実際の工事は佳境に入っておりますが、

もう少しいきさつのお話しに、お付き合いくださいませ。

 

「内装はどうやって決まるんでしょう?」

「あれもこれも好きなのがバラバラで、まとまらない気がするんです。」

というお声をときどき、いただきます。

好きに正直であればいいんですよ^^

 

私の好きは、と言いますと。。。。。

・素っぽい木とモルタルが好き。(ほどよくワイルドな色白君)

フローリングはけっこう大きなお部屋の要素なので、

色は薄いの濃いの?木目ははっきり?など、

ご自分の傾向をつかんでおくと、後からブレがないと思います。

 

・キッチンはシンプルなステンレス製がいい。

無骨なんだか、華奢なんだか、シャープだけど、あっけらかんとした、

オープン収納が好きなのです。

今までコンロは結局2口くらいまでしか使わないなという実感と、

シンクが広いのが好きではないという、少数派の考えから、

タテ並びのコンロ2口、シンク巾は狭くというオーダーで作成することに。

 

・真鍮が好き(ポイントで使いたい)

[MATUREWERE.HPより]

放っておいたら、あれもこれも金具系は、

全部真鍮になりそうなくらい、真鍮が好きです。(そうはしませんが、、、、、)

 

・六角形好き(タイルでどこかに使いたい)

 

 

[名古屋モザイクHPより]

シンプルハウスのタイルを使った家具KAKERAでも、

六角形のタイル入りは人気がありますね。

 

・ブルーグレーが好き。(そしてこのタイルに一目ぼれ) 

 

 

[名古屋モザイクHPより]

手描きタッチのブルーグレーの線がたまらなく好みで、

絣を思わせる感じが、和室とも合いそうなので、

サニタリーはこのタイルありきで他を選ぶことに。

 

・手持ちの家具はすっぴん系

今のお住まいの家具で、ずっといっしょにいたい家具は、

どんな家具でしょう?

そんなお話もうかがいながら、内装は決まって行きます。

 

あますところなく、「こうしたい」「好き」を伝えたら、

まとめるのがプランナーとコーディネーターの仕事です。

 

私自身はここで初告白ですが、旅好きでして、

感性や日々の生活は、便利不便以前に、旅からの影響が大きいと言えるでしょう。

 

ヨーロッパっぽいものが好きだけど、

和室があるからコテコテのヨーロッパ感にはぜず、和の要素も含みつつ、

という微妙なさじ加減を元に組み立てて行きました。

 

ちなみに、リノベのコンセプトは

「暮らしの中の旅人2人と、ときどき4人」

です!

次回は会話形式で、私が実際に戸惑い・困惑もしたリノベ話をしたいと思います^^

 

シンプルハウスのリノベが、

その目で・肌で・耳で体感できるイベントがこちらです!

SIMPLE HOUSE & standard 桜ノ宮コンソルト完成見学販売会