MENU

NEWS WAS UPDATED ON 2017.01.23.

空と大地の国からやってきた
「人生を共にする敷物」アートギャッベ

世は大量生産、大量消費。そのサイクルからの脱しようともがいている真っ最中です。
「よいものを手入れしながら長く使う」という古来からの価値観へ回帰しようという流れも生まれていますね。
アートギャッベは、そんな流れにしっくりくるシンプルハウスの一押しアイテムです。
中東・イランの山岳地帯で、遊牧民の女性たちによって脈々と織り継がれてきた歴史ある民族工芸品に、今この時代だからこそ心を奪われてしまうのでしょうか。

ふかふかの質感・豊かなデザイン・50年使える耐久性、
三拍子揃った最高峰

質の高い羊毛で織られたアートギャッベは、その特性から夏涼しく、冬あったかで1年中快適に敷きっぱなしでいれらます。
油分が多く、豊かな冬毛だけを使っているから防汚性・耐久性も抜群。調湿性に優れており、日本の気候にもフィットします。
素朴でかわいいものから斬新で鮮烈なデザインまで、心を鷲掴みにするその色彩はすべて羊毛本来の色と草木染めによるもの。
ペルシャ絨毯のような綿密な設計図はなく、織り子さん自身が織りたいものを好きな色で織っていきます。だからこそ、自由で奔放な、世界に一枚になるわけです。

育てて、紡いで、草木で染めて
人の手が織り上げる、壮大な物語を秘めた一枚

アートギャッベは大量生産品ではありません。一枚が完成するまでには長い時間がかかります。
羊を育て、毛を刈り取って手で紡いで毛糸を作り、また一方では草木を育て、乾燥させて粉末にし、染料を作ります。
油分の多い羊毛は染まりにくく、鮮やかな色を出すためには数日間ずっと巨大な釜で煮込まなければいけません。
織り子さんは出来上がった色糸を使い、家事の合間を縫って、数ヶ月をかけて少しずつ織っていきます。

わたしたちシンプルハウスが
アートギャッベをおすすめする理由

ギャッベはもともと、家族のために織られてきた敷物です。
その上を賑やかす羊や鹿などの独特のモチーフは、家庭円満や子孫の繁栄などそれぞれに意味を持っています。
ただのかわいい敷物というわけでなく、そこに込められた願いや祈り、あなたの手に渡るまでのストーリー、
そして向こう50年を寄り添えるだけの性能。暮らしを彩るだけの「厚み」あるモノだからこそ、シンプルハウスはアートギャッベをおすすめしています。

知れば知るほどに奥の深いアートギャッベ。
その片鱗を知っていただきたくて、オリジナルの冊子を作りました。
興味をお持ちの方はフォームよりご請求下さいませ。

リノベーションを前提とした中古物件をご検討の方へ