6月9日(日) リノベの基礎講座&リノベコーディネーター資格セミナー 6月15日(土)リノベ後見学会「ネコと暮らす」IN吹田市五月丘 

6月16日(日)リノべ後の住まい/メンテナンスセミナー

【 天神橋本店(レタス/いえの具)】10:30-19:00(不定休)

MENU

6月9日(日) リノベの基礎講座&リノベコーディネーター資格セミナー 6月15日(土)リノベ後見学会「ネコと暮らす」IN吹田市五月丘 

6月16日(日)リノべ後の住まい/メンテナンスセミナー

【 天神橋本店(レタス/いえの具)】10:30-19:00(不定休)

三度目の正直|132

OUTLINE

所在地
大阪府
築年数
41年
面積
34㎡/61㎡
工事費
330万円
工期
48日

※工事費・価格は施工当時の価格となります

大阪 中古マンションのリノベーション工事で完成したLDK F邸

DESCRIPTION

「独立型キッチンって、閉鎖された空間で家事をするでしょ?熱もこもるし、すごく孤立感があって。だから、キッチンの壁を取り払って明るくしたい、って思い続けていました」とFさん。シンプルハウスとの出会いは10年前、山本社長(当時)の著書を見つけ、シンプルハウスにリノベの相談に行きますが、諸事情で断念。そして2回目が7年前。再びリノベの話が進みますが、途中でお腹に赤ちゃんができたことがわかり、一旦延期することになりました。そして、今回が3回目です。お腹の中にいた妹ちゃんも幼稚園、お兄ちゃんが中3になり、子供たちそれぞれに部屋をつくってあげたい。それが今回の原動力です。もちろん、念願だったキッチンも忘れていません。オーダーは、「予算は330万円。子供部屋2つと明るいキッチン、カッコよくお願いします」です。これだけ聞くと、部分リフォームかな?という印象ですが、それだけに終わらないのがシンプルハウス。330万円で、LDK+子供部屋全体のリノベーションに仕上げます。ポイントは、取捨選択。建具や水回りなど使えるものは使う、前の間取りを活かして壁の造作工事は減らす、古い床を剥がさず施工する、カーテンを多用するなどなど。まずは、キッチンの壁を取り払い、そこに収納力たっぷりのカウンターを造作、ダーク系の色彩でコーディネートしつつ、孤立していたキッチンとリビングをつなぎます。念願だった無垢床と剥き出しの天井は、リノベーションの象徴。キッチンはそのままなのですが、扉をラワン材に変え、キッチンパネルの上からネイビーのタイルを貼るアイデアで、さらにリノベ感がアップします。LDKの角に子供部屋を配置することで、空間にメリハリも生まれました。「もう、キャアアアって感じ(笑)。センス良くまとめてくださり、やりたかったことができました」とFさん。ママが喜ぶと、家族みんなが明るくなります。当初は反対していたパパも「友達がワーって驚いてくれます」と誇らしげ。「部屋がキレイになってうれしい」とお兄ちゃん、妹ちゃんは「お兄ちゃんは自分だけ部屋があってずるいなあと思っていたからママに頼んだら、やっと部屋ができたの!星型の照明とかピンクの壁とかカーテンとかも素敵だし…」と話が止まりません(笑)。

STAFF

2回目のリノベ検討時はコーディネーターを担当、ひしひしとFさんのリノベ愛を感じていただけに、本当に感慨深い「三度目の正直リノベ」です。
今回のリノベのポイントは、「諦めない部分最適化」。なるべく既存の間取りを活かし、使えそうな(これからもまだまだ頑張ってもらいたい)扉やキッチン本体は、塗装や表面材の入替でイメージチェンジ。天井のコンクリート剥き出しやタイル、風合いのある床材など内装の核は諦めずに採用しました。そして大事なのがFさんの足るを知る精神。リノベ中はあれもこれもと触手を伸ばしがちですが、キッチンの改善と子供部屋の実現、と目的を2つに絞ることで限られた予算でも豊かな空間を手に入れられました。
引き渡し1カ月後にお伺いした際、Fさんの表情がすごく生き生き、より美しくなられていたのが印象的でした。住まいの豊かさは人生を豊かにする!ですね!

リノベに思いをはせ、3度目の正直に関わらせていただけて光栄です^^
今お住まいということもあり、リノベで変えるところ変えないところは明確に。
メリハリのある計画で進められていました。
内装は悩みつつもやっぱり好きと感じられる色使いでF様らしい空間に☆

10年越し、しかも3度目のご依頼を下さり感謝しかありません。リノベーションは優先ポイントの見極めが大切。予算をはじめそれらのバランスがうまく取れたことが成功の要因ですね。

独立型キッチンの壁を取り払った、オープンスタイルはママの念願。収納力のあるキッチンカウンターでリビングと空間をつなぎました。「子供のプリントを貼りたい」とのリクエストから、マグネットボード付き

キッチンはそのまま、扉を替えるだけで雰囲気がガラリ。ラフな雰囲気が好きなママのために、壁の下地材として使うラワン材を扉に採用。真鍮の取手が映えます。そしてキッチンのタイルは…

キッチンパネルの上から貼るアイデアでコストカット。「タイルはずっとやりたかったのですが、コストがかかると我慢していました。少し貼るだけでも、効果大です!」。キッチンアイテムを飾った木×アイアンのシェルフも、リノベならではです

和室をリビングに刷新すると押入れもなくなり、収納が足りません。そこで、ダイニングを小さく、横に壁をつくって大きな収納部屋をつくりました。ダイニングの横にあるカーテンがその入口です。そしてここは、パントリーであり、押入れ、パソコンデスク、クロゼットである、多目的収納部屋になりました

元々リビングだった場所に、2つの子供部屋が誕生しました。こちらのカーテンは妹ちゃんの部屋。そしてお兄ちゃんの部屋は…

ネイビーのドアから入ります。子供部屋は天井までない壁で間仕切り、エアコンを共有しています。LDKのオークの床、剥き出しの天井もママの念願。気持ちのいいアートギャッベに、子供たちが集まります

玄関は靴箱を取り払い、オープン棚を設置。もともとドアのなかった洗面室の開口部はカーテンに

ドアはペイントして再利用。マスタードとモスグリーンの色が素敵です。「ドアの色など、1つ1つめちゃめちゃ悩みましたが、急かさず、『ゆっくり悩んでくださいね』と言ってくださったのが、うれしかったです」

INTERIOR [ 上記の事例では以下の商品を導入しました ]

ペンダントライト

カーテン

&Standardの資料はこちら