12月15日(日)出版記念セミナー「中古住宅+リノベーション」~ローコストで叶える「世界で一つだけの家」~山本武司著、12月22日(日)2020年家探しスタート/物件購入㊙セミナー vol.1

MENU

12月15日(日)出版記念セミナー「中古住宅+リノベーション」~ローコストで叶える「世界で一つだけの家」~山本武司著、12月22日(日)2020年家探しスタート/物件購入㊙セミナー vol.1

築浅の3Dパズル

OUTLINE

所在地
大阪府
築年数
10年
面積
65㎡
工事費
1380万円
工期
70日

DESCRIPTION

「本当に壊しますか?」。こちらがそう聞いたくらい、築浅のキレイなマンションでした。「売り主が早く売りたいからとコスパのいい物件で、すごくキレイに使っていて。5件も内覧が入っていた人気物件でした」。それでも、Tさんは「自分たちだけの住まい」を求めてリノベします。

とにかく、この物件は天井が高い(2.6m)。だから、できることがいっぱいありました。現地調査の段階で、お風呂の下に空洞を発見。「これは使える」と、水廻りを逆側に大移動。その空洞を活かして、上が寝室、下がクロゼットのスキップフロアをつくります。子供室やDKの段差をつけて、LDKにも3D的なメリハリが生まれました。もともと洋室があった場所に移動した浴室は窓付きで快適、キッチン→洗面室の家事ラク動線もとても好評です。

ヘリンボーンが印象的なDKは、キッチンカウンターの棚とダイニングの高さを揃えて一体感を演出。フロートタイプの収納やDKに合わせて、カウンターの下には鏡をつけました。カウンター、浮いて見えますか?

「最初は自分でつくったレジメにガチガチに固執していましたが、その間違いに気づいた後、プランが動き出しました。今ではすごく気に入っています」。ほんと、よかったです。

STAFF

まさかこのロフトの位置に、元々ユニットバスがあったなんて信じられないでしょう。
…とアピールしないと気づかれないくらい、超絶大胆な間取り変更にも関わらず、とっても自然に納まってしまいました☆
間取り変更に気づかれないことが成功の証です。
プランニングの途中で大どんでん返しはありましたが(笑)、そんなお施主様の高度なご要望があってこそ、我々のポテンシャルも引き出されるのだと思います。

ヘリンボーンに、真っ白なタイル貼りのキッチンカウンターがよく映える。カウンターの下に鏡を貼るアイデアで、収納棚やDKと同じく、浮いて見えるようデザイン。カウンターの棚はダイニングと同じ高さに設計。「リノベ会社は設計士さんで決めようと思っていました。増田さんは同年代で人当たりもよく、感じ合える雰囲気があるなあと。提案のリズムも心地よかったです」

リビングの横にスキップフロアの子供室を配置。ブルーの壁紙で元気よく。木製フレームの灯り窓は、氷のような輸入ガラスが素敵。階段下は収納になっている

DKはヘリンボーン、リビングはグレーのフロアタイルで空間を切り替え、夜は間接照明で雰囲気アップ。オリジナルのテレビボードもフロートタイプで、壁面に配線をおさめてすっきり。アートギャッベとハンモックはシンプルハウスの日常だ

元々あった浴室下の空洞を利用して、スキップフロアの上を寝室(ベッドだけ)、下をクロゼットに。アイアンの手摺で安全安心

「ロードバイクやアウトドア用品を置きたい」と広めにつくった玄関の土間スペースはレンガを使ったブルックリンスタイルで、照明もいい感じ。子供のキックボードはアイアンバーにひっかけるスタイル

黄色、水色、緑色の3色のカラーバーは元気なイメージ。「トイレのカラーは衝撃的。私はワインレッドがいいかなと思いましたが、子供さんがいるので明るい色がいいですよと提案していただきました」

キッチン横に配置した洗面室は、モザイクタイルやライン照明がアクセントに。「キッチンから洗面室への一直線動線は妻の希望でした。大きなシンクは子供を沐浴させるのにもぴったりです」。水廻りを大移動したことで、窓のある浴室が完成

ダイニングにつくった収納棚はキーボードが収納できるよう工夫。配線も綿密に打ち合わせ

INTERIOR [ 上記の事例では以下の商品を導入しました ]

ダイニング、ハンモック、アートギャッベ、グリーン、ブラインド

¥1,190,000

ハグみ

¥14,800

照明

¥22,800

&Standardの資料はこちら