NU茶屋町店がリニューアルOPENしました。詳細はこちら

MENU

NU茶屋町店がリニューアルOPENしました。詳細はこちら

マンションでスキップフロア

OUTLINE

所在地
兵庫県
築年数
21年
面積
78㎡
工事費
840万円
工期
55日

DESCRIPTION

あけてみないと、わからない。これも、リノベあるあるです。

「窓側向きだった小窓のある独立型キッチン、向きを変えてオープンタイプにしたい」とIさん。キッチン位置を移動すると、配管に高低差をつける必要があるので、DK部分だけ床上げする予定でした。でも、いざ床を剥がしてみると、配管の接続部が思ったより高い位置でびっくり。当初予定していたより、床の高さが倍になります。そこから、階段を取り入れたスキップフロアを思いつきます。2段にすることで、ぐっと出てくるスペシャル感。リビングとDKのつながりもスムースになりました。「階段があることで、空間が切り替わっていいですね。高さがあるからテレビも見やすいです」。

間取りはあまり変えず、つくりこまず。Iさんこだわりの剥き出しの天井、真っ白なクロス、オークの無垢床でシンプルに、家具もオークでコーディネートすることで、すっきりキレイ目仕上げ。寝室からウォークスルークロゼット、SOHOへと抜ける動線はとっても機能的、大きな灯り窓で抜け感をつくりました。「この家に引っ越してから、主人がキレイ好きになりました」と奥様もうれしそう。

「家具を買い直したくないから」と、結婚と同時に、中古購入×リノベを選択したIさん。つきあっている頃から物件巡りデートをしていたおふたりが選んだのは、緑豊かな宝塚でした。「6月に結婚を決めてから2か月後には結婚が決まっていたので、7月には公園のそばのこの物件を購入。HPでリノベ会社をチェックしまくって、辿り着いたのがシンプルさん。9月から工事、10月入居となかなかの強行スケジュールでした」と笑いながら振り返ります。

STAFF

「あけてビックリ」は無い方がよいのですが、それらのイレギュラーも含めてプラスに変えることができると、まず大成功間違いなしです。
イレギュラーを嫌いにならず、逆に仲良くすることが、リノベ成功のポイントなのかもしれません。

ちなみに、こちらのお施主様は宝塚市とは縁もゆかりも無いとのことで、そんな住まい選びの仕方も私は素敵だな~と感じました。
「なんか良さそうなとこ」みたいな曖昧な感覚を、もっと大切にしても良い気がします。

リビングは、状態のいい剥き出しの天井に、幅広オークの無垢床、真っ白なクロスで落ち着いた雰囲気。選んだアートギャッベはインパクト大。「床は最初ボルドーパインで考えていましたが、アートギャッベを勢いで買って(笑)、それに合わせてオークに変更しました」

2段階段をあがったところに、カウンター付きのステンレスキッチン(サンワカンパニー)。床はネイビーの塩ビタイルで空間を切り替える。「床は106モデルルームを見て決めました」

2つ並んでいた洋室は、寝室→ウォークスルークロゼット→灯り窓のあるSOHOに変身。真っ黒に塗装した木製フレームに大きな窓が印象的

幅広オークの無垢床に合わせて、家具はすべてオークでコーディネート。「春は窓から桜が見えて、すごくキレイなんですよ」

シンプルなSOHOはデスクとイスのアイアンが効いてる。「将来子供部屋としても使いたいですね」。施工例を見て大きさを決めたという灯り窓。空気が巡るように上げ下げ窓を入れて

広々玄関は、代わりに棚を取り付けて。モルタルの土間スペースにアートギャッベが映える

階段の段差にコンセント。掃除に便利。「この位置にこだわりました」

フレイムのペンダントライト。主張しすぎない存在感が◎

INTERIOR [ 上記の事例では以下の商品を導入しました ]

カーテン・TVボード・アートギャッべ

ダイニングテーブル・イス・食器棚

&Standardの資料はこちら