【年末年始営業のお知らせ】天神橋店は12/31~1/2まで、NU茶屋町店は12/31~1/1までお休みとなっております。

MENU

【年末年始営業のお知らせ】天神橋店は12/31~1/2まで、NU茶屋町店は12/31~1/1までお休みとなっております。

香港ロック

OUTLINE

所在地
大阪府
築年数
8年
面積
55 ㎡
工事費
620万円
工期
45日

DESCRIPTION

祖父母のマンションに住むことになったHさん。最初は自分たちで、和室をカーペットに変えたり、壁紙をはり直したり、キッチンをモルタルで塗ったり、キッチン扉にシートを貼ったり。DIYしながら暮らしていました。でも、キッチンの壁がどうしても邪魔。「リビングから何か言ってるけど、聞こえないからキッチンからちょっと出る。それがすごいストレスで」。壁だけは素人ではできないと、シンプルハウスにいらっしゃったのですが、「壁を壊すだけはやっていません。やるなら徹底的にしませんか?」と提案して、フルリノベすることになりました。

テーマは、見てのとおりの「香港ロック」。ウォン・カーウァイ監督の「花様年華」「恋する惑星」をイメージして、真っ赤な壁紙や中華風デザインの窓枠など、アクの強い空間をつくりあげていきます。途中、香港旅行で見たレストランを参考に、何と麻雀牌でアイランドカウンターをつくり、アクを足しました。「友達からも、ぽいねえって言われます(笑)。好きなものしかないから、これで意外と落ち着くんですよ」。

STAFF

見かけからカッコイイH様ご夫妻。並みの家は似合わない…そんなオーラが漂ってました。現地調査で工事前のお住まいに伺った時、独特の世界観が広がっていて、とても興奮したのを覚えています。「好きなものをひとつと、嫌いなものをちゃんと伝える」私たちに家をオーダーされる際、気を付けた事だそうです。嫌いなものって、その人を知るのに大切なポイントだなぁと思います。奥さんこだわりの麻雀牌カウンターは、タイル職人さんが根性入れて貼ってくださいました。たまらんなぁ…と見惚れる仕上がり!

香港映画を彷彿とさせる空間。邪魔だったキッチン前の壁を壊し、麻雀牌のカウンターをつくってLDとつながるキッチンに大改造。床はサイザル麻。ソファの前にあるターコイズブルーのチェアにあわせて、玄関の壁とキッチンカウンターの天板もターコイズブルーにコーディネート。「仕事をするデスクがほしい」とキッチン横に長いデスクを造作している

「狭い玄関がイヤ」と、広くした玄関。左側に大きな窓を配し、入った瞬間「香港ロック」の全貌がわかるように。正面には、DIY時代からお気に入りだった真っ赤な壁紙に、右側のターコイズブルーの壁が映える

香港で、麻雀牌を貼っているレストラン発見。「これやりたい!と伝えたところ、手配できなかったので、中国のサイトで自分たちで探しました」。バラバラに置いていたお酒も、木×アイアンの棚をつくって、集結!

斜めに切り取られたBARのような両開きの扉をあけると、赤×ネイビーの寝室+ウォークインインクロゼット。「1LDKで充分だったので2部屋をつなげました」

靴箱やキッチンカウンターの把手は、豚、兎、亀と真鍮の動物シリーズ

玄関では骸骨のジュリーがお出迎え

麻雀牌のカウンターの上にお酒を飾ってBAR気分

使った麻雀牌4500個! Hさん自ら手配したそう

INTERIOR [ 上記の事例では以下の商品を導入しました ]

木製ブラインド

¥200,000

&Standardの資料はこちら