MENU

NEWS WAS UPDATED ON 2018.04.01.

ずどーんと空間、ばあっと収納

OUTLINE

所在地
大阪府
築年数
34年
面積
68㎡
工事費
756万円
工期
45日

DESCRIPTION

Yさんは、10年前にもシンプルハウスでリノベしたお客さまです。今は定番のシンプルナチュラルですが、当時は珍しかったんですよ。「すごくすごーく気に入っていて、10年住んでも飽きがこない。もう、一生住むつもりだったのですが、変化していくライフスタイルと平たく3人で4LDKは広すぎるなあ、と中古物件を探すことになりました」。「それならやっぱり大畑さん」と、前回に引き続き、大畑が担当。シンプルハウスが売り出していたモデルルームが、Yさんが探していたエリアにぴったり、ということで、モデルルームを購入してリノベすることになりました。

まず驚くのが、壁一面、ではなく、全面の収納。玄関を入るとダイニングで、その隣がキッチン、その隣がリビングと、Yさんのおうちはとても細長い空間なのです。そのダイニング、キッチン、リビングの壁が収納なのです。「ずどーんとした空間に、オープンでばあーっと収納があって…」。Yさんの、オノマトペ的な表現が、そのままカタチになりました。空気の通りもいい。

ダイニングには、パパのラジコンやプラモ、ミニ四駆、ママの本、娘ちゃんのピアノが並びます。トラックの大きなテーブルは、ママの「思いたった時に本が読みたい!」という夢も叶えました。たまに、パパの仲間が飲み会を開催します。ダイニングからアールでつながる子ども部屋は最小限に、作業デスクでは、パパがプラモをいじったり、娘ちゃんが勉強したり。ダイニングとはいえ、多目的スペースとなりました。隣のキッチンはカウンターがいい感じ。ママ友は「カフェみたい」と喜びます。こちらは、扉のついたパントリーと手持ちの食器棚、冷蔵庫。くつろぎのリビングは、オープン棚に無印良品やIKEAのカゴですっきり。

ずどーんと細長い空間ですが、床や天井を切り替えることで、ゆるやかに空間を仕切りました。「前は部屋にこもって作業していたので家族のことが気にかかっていましたが、ここは同じ空間で気配を感じるから、安心して別々に好きなことができる(笑)」とパパ。ママも「細長い空間は使いづらい、って聞いていたのですが、キッチンが壁になるのか、意外と気にならないですね」。娘ちゃんも、パパママとずっと一緒でニコニコご満悦です。

STAFF

最高のクリエイターでもあるY様。いつも笑顔を絶やさないY様ご夫妻はモノづくりが何たるかを熟知されていまして要望を「目的」として教えて頂き、後はこちらをしっかり信頼頂きつつ、余白や裁量を残しながら「任す」。10年経った今回も変わらぬご依頼で、僕たちのパフォーマンスが最大限に出るようにお任せ頂きました。
その時その瞬間の「最高のモノ」を作るってそういうことなんです。リノベーションって誰かの笑顔のために頑張れるから物語や感動が生まれるんですよね。

そして、今回の10年のように、家族の変化やライフスタイルの変化によってこれからはもっとイージーに住まいを変化させていく時代が来るかもしれませんね。リノベーションが創る未来。次の10年後も楽しみにしております。

Y様のおうちは、よく人が集まるそうです。人と人が繋がって、より良いモノ(コト)が生まれると良くご存じだから、コミュニケーションを大切にされます。その人の"イイトコロ"を上手く引き出す魔法使いのような…。リノベーションは決してうわべのかっこよさを作るものではありません。自分の、家族の思想を映し出すものなんだなぁと思います。風通しの良いY様宅。間取りにそれは良く表れていますね。そして、こだわりのTRUCKのテーブルや、アートギャッベは、色んな人が集まるパワースポットになりそうです^^ダイニングコーナーのオープン棚には沢山のラジコンが!ご主人様の趣味ですが、「ホント!多いわぁ~」と言いながらスペースを明け渡された(笑)奥様の寛容さ!それも素敵です^^…ご主人様曰く、まだスペース足りないとのこと(笑)

キッチンと玄関の間にある灯り窓、細長い空間は、モデルルーム時代のまま。その中心にキッチンを配置した。キッチン前の灯り窓は「子供が帰った様子がわかるのがいいですね。玄関入った時にキッチンが見えるのも気に入っています」。ダイニングは、天井は剥き出し、床は「こぼれたときにふきやすいから」とメンテナンスしやすい塩ビタイル。キッチンとリビングは、オークの無垢床に天井も真っ白なクロスと空間を切り替えた

長さ2mある大きなダイニングテーブルは、念願のトラックで購入。「実は10年前にトラックで椅子を購入していて、いつかはテーブルも、と思っていました」。キッチンを中心に、玄関に近いダイニングがパブリック、奥のリビングがプライベートと棲み分けができている

ハンモックでゆらり、とくつろぎのリビングは数種類のカゴですっきり収納。冷蔵庫とオープン棚の間も当初、オープン棚の予定だったが「隠せるところがあった方がいい」と提案して引戸の収納に。収納の奥行きもリビングは浅く、ダイニングは深くと変えているのもポイント。前の家にあった円形テーブルはセカンドダイニングに

アールでつながる子供部屋。ブルーグレーの壁とセットバックさせた板張りの壁で表情豊かな空間に。作業デスクもダイニングと子供部屋のつながりを意識。「元々は玄関から続く土間スペース。すごく雰囲気もよかったので残したかったのですが、いろいろレイアウトを考えた結果、子供部屋になりました」

ベッドが入るだけのミニマムなベッドルーム。隣のウォークインクローゼットとの壁を低くして、圧迫感を解消

土間を斜めに切り替えた玄関。子供部屋側、洗面室側に開閉タイプの灯り窓をつけることで、風が心地よく通り抜ける

トイレは壁紙で遊べるのがいいね。こちらもカゴ収納ですっきり

これが、10年前にシンプルハウスがリノベした「古いけど古くない」シンプルナチュラルな住まい。
http://www.simplehouse.co.jp/works/20070409/
円形テーブル、グリーン(小分けして増えている模様)、ラグは今のおうちのどこかにある!

INTERIOR [ 上記の事例では以下の商品を導入しました ]

アートギャッベ

¥70万円

チェアハンモック

¥16,000

リネンカーテン・ウッドブラインド

¥240,000

&Standardの資料はこちら
リノベーションを前提とした中古物件をご検討の方へ