MENU

NEWS WAS UPDATED ON 2017.10.28.

ロードバイクと山とワタシ

OUTLINE

所在地
大阪府
築年数
15年
面積
65㎡
工事費
1360万円
工期
60日

DESCRIPTION

Yさんと娘が、一緒に奈良で山登りをしている最中のことです。
娘「ねえお母さん、もっとお洒落に暮らしたいって、思えへん?」
土間スペースにロードバイクが飾ってある写真を見せながら話しました。

母「へえ。ロードバイクに乗っている私からしたら、夢のような雰囲気ね」
Yさんは山好き、ロードバイク好き、の趣味びと。登山道具は山のよう、自立しないロードバイクはかついで家の中に持ち込み、和室で雨をしのぎます。しかも、最初はYさんの1台だけでしたが、息子さんの2台目、Yさんの3台目と、和室もぱんぱんです。

娘「少しの勇気で、これが実現できるんだよ」
母(心の中)「でもまだ新しいし、5年後くらいでいいかな」
娘「今、まだいいと思ったでしょ。いつするの?60歳?70歳?いつまで生きられるの?もし、そんな素敵な空間があったら、1日でも長く生きたいと思えへん??」

ぐいぐいとつめよる娘さんの熱い気持ちが、Yさんを動かしました。

まず、快適な趣味びと生活が送れるように、玄関の土間スペースを大きく、収納をしっかり。ロードバイクを壁にかけるフックはYさんの好みを反映し、アイアン×木枠のオリジナルで製作。フレームを置く木枠部分はRの凹みをつけて、フレームをやさしくホールディング。Yさんのイニシャルをとり、「YKモデル」と名付けました。土間スペースからは、キッチンへダイニングへと、2WAY仕様。抜け感を大切に、大きな開口部とトップライトから、光をめいっぱい採り込みます。最後まで既製品にしようかどうか悩んだキッチンは、「トキメキ」を大切に、105モデルを参考にオリジナルでつくりました。ペイントパーティで仕上げたネイビーのアクセントウォール、こもり感のあるリビングのRの開口部、ちょこっと見えるハンモックもいい感じです。

「最初は不安ばかりでしたが、全部自分で決めた自慢のおうち。人生が変わりました!」。少し、興奮気味のYさんです。

STAFF

今まで担当させて頂いたお客さまの中で一番濃い方でした(笑)エネルギーがすごいんです。それに負けまいと、大畑も私も毎回必死でした。娘さんから勧められたリノベーション。それがきっかけで暮らし方、住まい方を考え直して、ものすごいアウトドア派のYさんを、家で過ごすのも大好きにするのに見事成功しました!Yさんが笑うと私達も嬉しい。喜んでもらいたいとみんなが思う素敵な方です。

玄関の土間スペースはロードバイクを壁に収納してすっきり。作業スペースには水廻りも完備

これが、ロードバイク・オリジナルフック【YKモデル】。木製の曲線を描く凹みがロードバイクをやさしく支えているのがよくわかる

玄関はキッチンだった場所を取り込んで、ロードバイクと山道具を収納。棚の位置やサイズ、パンチングボードにアイテムをハンギングするなど工夫もいっぱい

床はモデルルームで気に入ったボルドーパインオイル仕上げ、天井を取り払って梁を見せているのも戸建てリノベならでは。105モデルルームを参考にしたキッチンは、キッチン下部の収納は食器を置くダイニング側は奥行きを浅く、キッチン側は奥行きを深くと取り合いにも配慮。食器棚は家電など、収納アイテムごとにミリ単位で設計ししている。キッチンの天板は粉砕した石をモルタルに混ぜて研磨したテラ造。「コツっという音が食器によって、時間によって違うのが、またいいんです」

開放的なDKと対照的に、Rのリビングは籠もり感を大切に。ハンモックはシンプルハウスのリノベのシンボル

土間スペースからキッチン、ダイニングへの動線を確保した2WAY仕様。DKは抜け感を大切に、大きな開口部とトップライトから光が降り注ぐ。シンプル恒例のペイントパーティでDIYしたネイビーの壁も、棚をリズミカルに配置。耐震診断を実施し、キッチン前の梁を補強して強度をキープ

数学の先生をしている息子さんの部屋。黒板が大好きで、シンプルの黒板のある施工例を見て、「俺も欲しい!」と。どうも、数学者はホワイトボードではなく、黒板がお好みのよう

オリジナルでつくった玄関ドアに刷新

INTERIOR [ 上記の事例では以下の商品を導入しました ]

木製ブラインド

¥50,000

リネンカーテン、ブランケット照明

¥130,000

&Standardの資料はこちら
リノベーションを前提とした中古物件をご検討の方へ