10月26日(土)、11月9日((土)、11月30日(土)3回で解る!「中古を買ってリノベーション」セミナー11月23日(土)リノベーション完成見学会IN千里山

MENU

10月26日(土)、11月9日((土)、11月30日(土)3回で解る!「中古を買ってリノベーション」セミナー11月23日(土)リノベーション完成見学会IN千里山

のびやかに広がる、視界と空間と

OUTLINE

所在地
大阪府
築年数
築30年
面積
83㎡
工事費
880万円
工期
30日

DESCRIPTION

Oさん、2度目のご依頼です。「だいぶ前にお願いしたのが、洗面室とトイレのリフォーム。でも、ただのリフォームで終わらないプラスαの提案が気にいって、迷わず今回もお願いしました」。

Oさんの家、バルコニー側に寝室があり、LDKが少し窮屈でした。「家族が集えるリビングにしたい」「キッチンを使いやすく」とOさん。まず、寝室を小さくして、LDKをL字型にしました。問題は、キッチン。壁付けキッチンを、くるりと回転させるだけでもよかったかもしれませんが、そうすると、ダイニングとリビングが分断されてしまいます。もっと、LDKを広く。もっと、のびやかに。そこで、寝室のあった位置にキッチンを配置します。しかもナナメに角度をつける、そして寝室の角をカットするアイデアでほら。キッチンから庭の緑まで視界が広がりました。庭のウッドデッキが、空間をより広く感じさせますね。キッチンの位置を変えたことで誕生した段差は、素材の違う無垢床を敷き分けて、リビングとダイニングをゆるやかにゾーニング。壁面収納をよーく見ると、床の段差を感じさせないよう、上側がフラットになっているのも面白いですね。

STAFF

キッチンを移動するため床上げでできた段差は、LDを切り替える役割も果たし、ダイニング側にバーチ材、リビング側にチーク材と敷き分けた。寝室の角は上側をカットして視界を広げて、下側はそのまま飾り棚にしているのも面白い

キッチンは壁面に対してナナメに角度をつけ、キッチンカウンターは壁面と平行にするため台形に。「この角度を決めるため、担当の大畑さんは夜遅く一人で現場に来て、悩み抜いてくれました」

寝室の角をカットしたことから、キッチンから庭まで見渡せる。「これぞプロの提案。職人さんたちも人柄がよく、プロ意識を感じました」

結露対策で二重サッシに変えた子ども部屋にはデスクを造作。ピンクの壁がアクセントに

「玄関を広くしたい」との要望から、洋室の窓と空間を取り込み広々。Rの壁で圧迫感も解消

廊下もすっきり。洗面室は3枚の引戸を造作し、中に収納庫を利用した洗濯機置き場もつくった

&Standardの資料はこちら