MENU

NEWS WAS UPDATED ON 2017.01.23.

大きな栗の床の上

OUTLINE

所在地
大阪府
築年数
15年
面積
65m²
工事費
763万円
工期
45日

DESCRIPTION

ポイントは「ラスティック」な素材感です。天井はコンクリート剥き出しのまま、壁は白塗装したんですが、キッチンはそのままコンクリートを白塗装し、リビングダイニングは貼った板の上から白塗装しています。床は店舗用の栗の古材を気に入っていただきましたが、表面が毛羽立って危ない。そこはヤスリがけすることで解消。1枚1枚反っていたりとカタチが微妙に違うので、施工も大変でした。とにかくニュアンスが大切だったので、3Dでのそつど色合いなどを確認しました。

STAFF

古材のフローリングを初めて使用したお宅で、「ストッキングに引っかからないようにする!」を目標に地道にヤスリ掛けをしてもらいました。
思いの外大変だったので、「もう古材は提案しない」と思ってたら、こちらの事例をみて同じ床にしたい方が続出。嬉しいですが、困りました。。(笑)

こちらのお施主様は、ご家族が増えられたことによりお引越しをされ、今は住まわれておりません。
またいつかこの空間に行くことができるといいな~。


ご主人さまのこだわりであった無垢フローリング。
かなりの数をご提案しましたがどれも「これ!」とまではならず…
普通住宅では使えない荒々しい栗のフローリングを現場で加工して貼りました。
渾身の床です(笑)

&Standardの資料はこちら
リノベーションを前提とした中古物件をご検討の方へ