小さめギャッベがたくさん集う、ミニアートギャッベ展開催のお知らせです。

 

写真はイランへ買い付けに行った時のもよう。

ゾランヴァリ社にて、ギャッベたちが旅立つハレの日を待っています。

 

 

無数にあるギャッベの中から、触って、

 

  さわって

 

  さわって、、、、、

 

デザインだけでなく、手触りもしっかり、納得できるギャッベだけが日本にやって来ます。

 

その中でも、ミニギャッベ展にやって来るのは、長年ギャッベを愛してきた、

シンプルスタッフみんなでセレクトした選りすぐりばかり。

 

 

遥かかなた、日本とは全く異なる文化背景を持つ、イランの遊牧民が住む野営地。

 

 

後ろのテントに枕のようなものが見えますが、ここで家族と寝食を共にし、

子育てをしながら、女性はギャッベを織り上げます。

 

 

食事もじゅうたんの上で。

 

 

ときどき、ギャッベに挟まっている枯草のようなものは、こちらなの植物だそう。

予期せず長旅をすることになったこの植物、はるばる日本へようこそ!

 

異なる文化や価値観のもと、生まれたアートギャッベが、

私たち日本人の胸に響くのは、なぜなのでしょうか。

手に取って、ご覧いただくと、遊牧民のメッセージが胸に響くことと思います。

 

 

車のシートにこのようにミニギャッベを敷いたり、

後部座席のシートを倒して、くつろぐときにギャッベを敷いたり、

小さめギャッベは、家の中以外でも、旅のお供になってくれます。

 

開催期間中はハンモックと併せて展示!

素足でリラックス感を体感してくださいね。

 

前半後半、場所を変えて開催!ご都合に合わせてお越しくださいませ~

_________________________________________________

 

◆4月25日(土)-5月10日(日) : 梅田NU茶屋町店(11:00-21:00)

◆5月16日(土)-5月31日(日) : 天神橋店いえの具(10:00-19:00)