MENU

NEWS WAS UPDATED ON 2017.01.23.

築43年のおうちカフェ

OUTLINE

所在地
奈良県
築年数
43年
面積
93㎡
工事費
1350万円
工期
2ヶ月

DESCRIPTION

築43年の日本家屋をリノベーション。Wさんが一目惚れしたという、サンワカンパニーのステンレス製キッチンカウンターを中心に、床はシンプルなオーク材、壁はタイルや真っ白なクロスを使い、70年代当時の面影を残す木製階段や、三角屋根のカタチそのままの現しの天井、梁は意匠として取り入れました。1点モノのアートギャッベ、妹のプレゼントだという黒のヴィンテージチェアもぴったり。ちょっとレトロなおうちカフェの誕生です。「キッチンまわりはスケッチを描いてもらっていたのでイメージどおり。シンプルなタイルもお気に入りで、オリジナル収納もたっぷりつくってもらいました」。

「主人の実家の隣だったから」と、この物件を購入したWさん。「戸建てだけど、1階ですべて生活できるようにしたい」と、マンション感覚の便利さを求めていました。この家のポテンシャル(可能性)を活かすことも大切です。そこでまず、耐震診断で構造をチェック。2階がないことがわかった窓側と元和室部分は天井を抜き、開放的な廊下とリビングに生まれ変わりました。家の真ん中にキッチン、その両側に廊下、背中合わせに寝室、前面にリビングを配置。LDK→廊下→寝室→廊下→LDKと回遊できるストレスのない動線は、「生活のしやすさ」にこだわった結果です。寝室の天井と壁の間に隙間をつくったのは、ワンルームの一体感を演出するため。柱をちょこっと見せているのもポイントです。「このカタチは斬新でした!」とWさん。天井を抜いた窓側は、和室だったり洋室だったりと窓の高さがバラバラだったので、カーテンレールの高さを揃えてすっきりとさせています。

戸建てはマンションよりも自由度が高いので、実家やガーレジからの動線を考慮し、玄関位置を大胆に移動。それにともなって、キッチンやトイレの位置も変更し、大きくなった浴室は玄関側に小窓も設けました。外観は築40年の趣に合わせて2面だけ焼杉を貼り、残りは塗装し直しています。耐震診断の結果から耐震補強もほどこしましたが、重たい瓦を取り除くだけでもだいぶ耐震性能は高くなりますね。

STAFF

日当たりの良い場所が元々の玄関付近だったということで、プランの起点はそこから始まりました。

2階のないリビングと縁側は天井を抜いて、三角屋根のカタチをそのまま活かして現しの天井に

もともとあった玄関はブルーグレーのオリジナルドアに変更。浴室は階段横に移動させ、灯り窓を設けた

床に無垢のオーク材、壁に真っ白なクロス、現しの天井や梁、柱は塗装で仕上げた開放的なリビング。立派な梁だからハンモックも問題なし

タイル貼りがかわいいキッチン。オリジナル収納は入れるものに合わせて棚を設計

キッチンと背中合わせに配置した寝室はベッドが置けるサイズ。ベッドヘッドは子供の本を収納できるよう設計

まっ白な廊下の先に見えるリビング。寝室の壁は天井との間に隙間があり、柱が見えるデザインに

照明はシンプルハウスがコーディネート。グリーンも映える

真っ白な洗面室。シンプルですっきり

INTERIOR [ 上記の事例では以下の商品を導入しました ]

ギャッベ

¥100,000

KAKERA

¥25,000

照明

¥15,000

&Standardの資料はこちら
リノベーションを前提とした中古物件をご検討の方へ