MENU

NEWS WAS UPDATED ON 2017.01.23.

子供の黒板、夫のダーツ、妻のキッチン

OUTLINE

所在地
大阪府
築年数
30年
面積
67㎡
工事費
850万円
工期
2ヶ月

DESCRIPTION

真っ白に塗装した剥き出しの天井、オークの無垢床、珪藻土の壁。いろんな素材が感じられるLDKは、やさしくてあったかくてほっこり。Iさん家族の雰囲気、そのまんまです。

「物件に自分たちを合わすのではなく、自分たちの好きなようにカスタマイズしたい」。Iさんは物件購入時から、かなり明確に「リノベーションしたい」という意思をお持ちでした。ハコ自体はシンプルなリノベですが、そこかしこにIさんの「カスタマイズ」感が溢れています。子供が大好きな、らくがきし放題の大きな黒板。窓の外の景色が見えるご主人のSOHO、コルクの床がゆるやかな曲線を描くダーツコーナー。奥様の聖域であるキッチンはオリジナルで、子供の絵が飾れる有孔ボードや足場板を使ったオープン棚など、収納もたっぷり。

「無垢床や珪藻土、有孔ボードやアイアン、黒板塗装、足場板、コルクなどなど、私たちが使いたい素材をすべて伝えて、それらのバランスを考えながらコーディネートしてもらいました」とIさんにも喜んでいただきました。

物件の購入ポイントは、「近くに公園が多く、窓から見えるみどりがキレイだから」。リノベにもその想いは反映され、ご主人のSOHOスペースは、景色の見え方まで考慮しながら、窓の高さや大きさを提案しました。ご主人の念願だったアイアン窓は、アンティークガラスを合わせて雰囲気もたっぷり。FIX窓とすべり出し窓を組み合わせてデザインしています。

このSOHOスペースの角を斜めに切り取ったのも、キッチンからの視界を広げるためのアイデア。子供は黒板でらくがきをしながら、ご主人はSOHOスペースやダーツコーナーから、奥様はキッチンから。どこからでも窓の外の景色を楽しむことができるのです。

STAFF

I様ご夫妻はインテリア愛にあふれてました。
お打ち合わせで、楽しそうにされている奥様を見て
ご主人様が「よかったね」と言って頭を撫でられたのが
とても印象に残ってます。仲が良くなきゃいいお家はつくれません^^

ダーツコーナーからダイニング~キッチン。

お子さんも楽しい黒板塗装。描きかえが出来るのでイベントでも楽しめます。

光りもたっぷり降り注ぐ、ご主人の書斎。

アイアンの滑り出し窓にはクリアのモヤモヤガラス。

リビングからダイニング~キッチン。ダーツコーナーのために床は途中でコルクに切り返し。

ゆったりしたリビング。公園が一望できてのんびりポカポカできます。

細長くて機能的な土間収納。

造作洗面台。正面のアクセントに正方形のタイルを馬目地張り。

INTERIOR [ 上記の事例では以下の商品を導入しました ]

ギャッベ

¥300000円

&Standardの資料はこちら
リノベーションを前提とした中古物件をご検討の方へ