2月22日(土)天神橋店いえの具リニューアルOPEN! 2月22日(土)~3月1日(日)イベント特別柄も登場!ハグみじゅうたん ており展inNU茶屋町店

MENU

2月22日(土)天神橋店いえの具リニューアルOPEN! 2月22日(土)~3月1日(日)イベント特別柄も登場!ハグみじゅうたん ており展inNU茶屋町店

スタッフのつれづれ 未分類 社長ブログ

人が「つながる」共通した「意識」の私達でありたい。

私達は宴会的な会社様親睦旅行は好きではありません。

会社の慰安旅行は「FLEX CLUB」と呼んでいて全社員が同時に休めるのは

12/31と1/1の2日間だけそこで

2.3.4.5.6.月の間に数班に分かれて

新しい旅の形「FLEXCLUB」旅行を行います

今回は丁度ONEBOX10名のレンタカーで行きます

NEMUの郷があのYAMAHAから売却され随分荒れていた時期があったのですが

MITSUIホテルシステムが買取、かなり一時期より良くなりました

僕たちの世代は仲間が集う「合歓の郷」だったのです。

夕食はレストランでワインを中心に和懐石

和やかに食事後は、、

協力し合える職場から→共創し合える職場で有りたいと思います。

もちろん、和気藹々から仕事は切磋琢磨

愉快な仲間が集います。

最近仕事ですごく厳しいことがありました。

お客様に喜んでいただき、仲間が喜ぶことが仕事で
結果社会に存在を示せると想います。

CS(お客様満足)の向こう側にES(社員満足)あるべきと考えてます。

私達が考える人がつながるマネージメントとおもいます。
ESだけが良く叫ばれるこの昨今ですが

お客様満足無くして「人がつながりません」

私が参加すると「良く歩かされる」ことで有名(笑)です。

少しの丘を30分ほど少しの山登りです

  その向こうに素晴らしい景色とYOGAなる一体感が

育まれることに仲間に嬉しく思います

祈願

私達は「正しいユーザーファースト」で「お客様第一主義」で仕事を進めます。

「一番厳しいお客様の眼になり」

例えば

横入りの(レジに)並んでいただけないお客様はお断りします。

そのお客様は必ず他のお客様の迷惑になるからです。

それが正しい継続できる「お客様第一主義」と信じています。

さあ!「気を付けて帰りましょう」

みんな!ありがとう楽しかったです。

合掌

ロゴ変りましたこれも社員から出された意見です。

 

 

 

新着情報 社長ブログ

リノベ工事が終了し「温かいお客様の笑顔」に感謝

マンションのご購入のご提案から始まり

お客様と≒180日間、新しい住まいへのご提案が始まります

今日は明日のご引越を踏まえ最終の確認とお預かりした鍵の交換

社内竣工検査を行います

  

担当コーディネーター山崎がインテリアの仕上げです

照明ペンダントの高さの微調整

 

設計プラン担当の田口も最後に気になる「タッチアップ」を施します。

見えるところだけでなく

ガス、電気、水道、洗面、お風呂、キッチンの
温水状態も確認します。

建築士の現場管理者尾上も登場

入口鍵交換は弊社パートナー専門業者で微調整と新品に交換です

S様 ありがとうございました

私達のこの請負と言う仕事、お客様の人柄とご寛容で成り立ちます

素直にご対応し信頼関係の上無事終了しました。感謝

新着情報 社長ブログ

人に喜ばれることが「仕事」と想う「処理」ではない「対応」する

リノベーションもかなり標準語になりました

建物や室内家具の修復から30年

用途変更や当初建てられた目的をイノベーションすること

早くも来年2019年の採用の東京でのリノベーション住宅推進協議会での会社説明会です

お陰様で大勢の人が集まります

私は面接で必ず4つのことを聞きますと同時に目を見ます。

1.あなたが(の)興味はどんなところですか(動機と気配り)

2.あなたが弊社でお客様の喜んで頂けるとしたら(自己中心的でないか)

3.あなたが今まで最大の失敗と成功はなんですか(経験が生きてるか)

4.人生短期目標と長期目的はなんですか(目的思考の人か)

今の皆さんはほんと恵まれ過ぎです。

選べる訳ですから。

ちなみに入口近くにあえて私が、プレートを持って立ちました

ある某大学生「おじさん!〇〇社どこ」はい「こちらです」担当者にNGサイン

人に喜ばれ!社会に喜ばれ!働く仲間に喜ばれるその結果プロとしての収入が得られます

私達も幾重にもノウハウと社員が積み重なってこれからも

社会の変化にWITHする。存在意義のある会社に続けます

丁度リノベーション事業から30年ロゴを変えました

迷ったらSIMPLEに戻ります。

スタッフのつれづれ 新着情報 未分類 社長ブログ

山を続けると言う!遊びで「多くのことを学んだ」と言い切る。

山登りを「攀じる」行為と僕たちは言います

本格的な登山は高校の山岳部から47年になります。

DSC00319

ここは北アルプス北部後立山の針ノ木雪渓の取り付き

水量も秋は少なくなります

DSC00333

秋ですから雪渓は小さくなっていますが万年雪です。

渓流の上をひたすら歩きます。

DSC00340

この雪渓の雪は固くスプーン上にえぐられています。

歩き出して3時間で雪渓の近くに来ました

DSC00337

岩と雪の間が「シュルンド」と言い落ちると大変です

冷気が暑い汗を乾かせてくれます

DSC00486

万年雪(雪渓)とその下の渓流です面白い景色です。

水の音が綺麗です。心が「シーン」と自分の中でこだまします。

DSC00341

今日は標高1500Mから2700Mまでの道程1200Mの高度を稼ぎます。
おおむね6時間の行程で今日の中間地点を過ぎたころ視界が開け、

黙々と歩いてきたことに嬉しくなります。

DSC00346

振返ると3000m級の山脈が見えてきます森林限界が過ぎ景色が雄大に見えてきます

テントサイトまで後ワンピッチ(60分)踏ん張りどころ。
経験を重ねると工夫が生まれ平気です。

DSC00359

西日と夕陽が考察し日暮れまで秋は早く、

ガスが出てきて気持ちが焦りますいつも焦ります。

DSC00356

テントサイトに到着 テントを張ります

昨今随分装備の進化が良くて今回の山行で≒17kgで一式!

楽になりました、、、だから登れます。今は日本製がダントツに良いです。

DSC00427

食料も簡素なものを簡単においしくできます。

「あることがむつかしい」から有難い。

DSC00434

遥か遠くに穂高連峰と槍ヶ岳><北を向くと白馬岳

南北に大きく連なる北アルプスの中間地点

2700mに来ると雲海が足元に今日は暗黒の空ではなく星が一面の夜になりそうです。

DSC00440

朝焼けです。今日は昼から天候が下り坂慎重に先に進みます。

逃げるのでななくいつも状況判断のマネージメントが求められます。

僕に休みをくれてみなさんありがとう!

働きやすい環境を創ります。

https://www.facebook.com/yamamoto.takeshi.94617

                                山本 武司

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフのつれづれ 未分類 社長ブログ

目的>目標にために「戦略」考える。お客様と歩む

仕事も山も、恐怖を解消するために「戦略」(準備)をします。

もう15才から本格的なアルパイン登山(クライマー)をして47年になります

装備(生地や素材)テント、衣服、ザック、ランプ、アイゼン、ピッケル、ザイル

すべて「コンパクト&軽量化」されました。

これは戦略に役に立ちます

10

ここは標高1800Mここから≒1200M高度を上げます

最初はまだ森林が茂り樹林帯の雪の中汗をかきながら、高度を稼ぎます
衣服に注意しないと汗で後の凍り寒くなります

無音のなか「粛々と歩き」これからのこと、仕事のこと、山のこと考えます

11

稜線(山の峰)まででると一気に景色が広がります

向こうに見える眼下は梓川・上高地・河童橋・帝国ホテルが

見渡せます(天候に恵まれ)ルンルンです

12

テント場に到着
それこそ携帯電話と同じでテントの機能向上に軽量化

でこの40年で70%軽くなりました。

12.5

しばしテントサイドで夕暮れまで余裕の時間です

担いできたビール500CC=500Gは2000円の値打ちがります

小宮一慶さんの本も持ってきました「一流の仕事」小宮一慶「一流」の仕事

 

13

1.2月と違い、少し天候と日没が遅くなり

心に余裕ができます

沈みゆく夕日はこの時間を与えてくれた、みんなに感謝します。

夕飯は簡単なアルファー米、粉末味噌汁、パックの魚

便利になりました

14

翌朝は夜明け前5:00から行動します

今日の工程は8時間歩きますだいたい11:00位に

雲と天候が必ず崩れ怪しくなります。それまでに危険(フィックスザイルと

セルフビレイエリア)を通過し、越えたく考えてます。

15

3000M近くなると、大好きな「岩と雪と空」

「黒と白と青」の世界です。

遠くに見える頂きは「恐怖と戦略」で安全安心を確保ビレイします。

心が挑戦欲に踊ります。

DSC00064

あはは。小生頭が大きくヘルメットが窮屈です。寒くて「鼻水が凍ります」

サングラスや強風時はゴーグル必携です。雪目になると眼球の白いところが

晴れたり、なんにか目の前に毛虫が泳いで見えたり不安になります

16

前穂、奥穂、吊尾根が見えます

大自然に守られながら、天候を維持されることを願いながら進みます

雄大な景色です僕の幾つになっても

高校時代の山岳部・社会人山岳会・山岳OB会時代の思いでが

匂いとともに脳裏に蘇ります。山は僕の「甲子園」です。

17

まもなく頂き。飛騨側から強風とガスが掛かってきました。

正しい冷静な判断を求められます。

ひとつひとつ判断意思決定して着実に進めます。

楽しかったです。充実しました

明日から仕事に「どっぷりつかり」頑張ります

山本 武司