10月26日(土)、11月9日((土)、11月30日(土)3回で解る!「中古を買ってリノベーション」セミナー11月23日(土)リノベーション完成見学会IN千里山

MENU

10月26日(土)、11月9日((土)、11月30日(土)3回で解る!「中古を買ってリノベーション」セミナー11月23日(土)リノベーション完成見学会IN千里山

スタッフのつれづれ 未分類 社長ブログ

人が「つながる」共通した「意識」の私達でありたい。

私達は宴会的な会社様親睦旅行は好きではありません。

会社の慰安旅行は「FLEX CLUB」と呼んでいて全社員が同時に休めるのは

12/31と1/1の2日間だけそこで

2.3.4.5.6.月の間に数班に分かれて

新しい旅の形「FLEXCLUB」旅行を行います

今回は丁度ONEBOX10名のレンタカーで行きます

NEMUの郷があのYAMAHAから売却され随分荒れていた時期があったのですが

MITSUIホテルシステムが買取、かなり一時期より良くなりました

僕たちの世代は仲間が集う「合歓の郷」だったのです。

夕食はレストランでワインを中心に和懐石

和やかに食事後は、、

協力し合える職場から→共創し合える職場で有りたいと思います。

もちろん、和気藹々から仕事は切磋琢磨

愉快な仲間が集います。

最近仕事ですごく厳しいことがありました。

お客様に喜んでいただき、仲間が喜ぶことが仕事で
結果社会に存在を示せると想います。

CS(お客様満足)の向こう側にES(社員満足)あるべきと考えてます。

私達が考える人がつながるマネージメントとおもいます。
ESだけが良く叫ばれるこの昨今ですが

お客様満足無くして「人がつながりません」

私が参加すると「良く歩かされる」ことで有名(笑)です。

少しの丘を30分ほど少しの山登りです

  その向こうに素晴らしい景色とYOGAなる一体感が

育まれることに仲間に嬉しく思います

祈願

私達は「正しいユーザーファースト」で「お客様第一主義」で仕事を進めます。

「一番厳しいお客様の眼になり」

例えば

横入りの(レジに)並んでいただけないお客様はお断りします。

そのお客様は必ず他のお客様の迷惑になるからです。

それが正しい継続できる「お客様第一主義」と信じています。

さあ!「気を付けて帰りましょう」

みんな!ありがとう楽しかったです。

合掌

ロゴ変りましたこれも社員から出された意見です。

 

 

 

スタッフのつれづれ リノベーション

イメージをカタチに

こんにちは!

ぽかぽか日差しがうれしいやら、紫外線が気なるやら、、の乾です。

 

さてさて、今回はリノベーションで、どうやってイメージをカタチにしていくか?

について紹介します。

雑誌やリノベ本、ネットやSNSでの写真など、意識すればすごく簡単に、しかも大量に

情報が手に入りますよね。

 

お客様

「玄関はこんな感じ。自転車を置けるぐらい広かったらいいなぁ」

「床は無垢材で。子供部屋にはかわいい灯り窓を取り入れたいな」

なーんて、玄人な会話がシンプルハウスでもちらほら

 

先日、竣工したT様のおうちのキーワードは

・アジア、バリ風、モダンリゾート、籐素材、アイアン 

なるほど、なるほど。これっ、といったイメージ写真はありませんが

T様の頭の中にはこうしたいというイメージがあるようです。

床はちょっと暗めな赤茶系、重心は低めが◎

爽やか<落ち着いた雰囲気

アイアンは多用し過ぎずポイントで使いましょう

など、写真でイメージを膨らませつつ共有します

 

図面で間取りを決めて、分かりずらいときは3Dイメージやスケッチが登場

 

続いて素材を提案します

素材は現物を触ってみます

ザラザラ、つるつる、ピカピカ、かさかさ

「なんかピカピカは違うよね。この床にはこのタイル!」

 

 

その手で重さも確かめます

無垢のフローリングでも、木目がぎゅっと詰まった固い木は重く

空気を含んで柔らかめな木は軽くって足触りも優しい

 

匂いもかいで、、

「やっぱり杉の木っていい匂い~」

 

たま~にお子さんがペロッと舐めちゃうこともあります

 

 

 

デスクで決まった素材たちはお次は現場に移動して・・・

木の貼り方はこれでいいかな?

ガラスタイルで描く模様はこれでOK?

アイアン灯り窓越しのガラスは情緒ある模様にしよう!

などなど、決めた素材を現場にフィットさせます

 

 

イメージからカタチに

完成への道のりは、大変ですがと~っても楽しい時間

T様ありがとうございました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフのつれづれ 新着情報

マツコの知らない世界へ?

こんにちは。スタッフの石村です。

皆さん、この番組はご存じですよね^^

私はTVを熱心には見ないほうですが、これは結構見てます。

お気に入りの人が出ると、あからさまにボディタッチ率があがるマツコさんを見て

可愛いな~と思いながら…(笑)

 

さて、その番組に今度シンプルハウスと深い関わりのあるものが登場するんです。

それはなにか?

それは…イランの手織りじゅうたん「アートギャッベ」です↓

ペルシャ絨毯の半分を流通させる女性、大熊直子さんという方が、熱くその魅力を語られます。

http://www.tbs.co.jp/matsuko-sekai/

放送は13(火)の20時57分スタート!4chです

 

アートギャッベを良く知ってるつもりの私たちも

もしかしたら初耳な話とか聞けるのかしら?とワクワク♪

 

OA後の反響を想定して

急遽、天神橋店にて通常より数を増やしての展示となりました^^(ナニワ商人魂全開です)

ただ、期間限定、一週間ほどの展示ですので

熱さが冷めないうちにどうぞ!

 

天神橋店は、2月末にリニューアルオープンしたばかりなので

それとあわせて天満に遊びに来てくださいねー^^

 

では皆さん13(火)のOAお楽しみに♪

 

 

 

 

スタッフのつれづれ 新着情報

天神橋レタスショップ リニューアルオープン!

こんにちは、ストアスタッフのシンドウです。 約3週間のリニューアル工事を経て、

ついに2月24日、 天神橋レタスショップがリニューアルオープンいたしました!

天井が高くなり、開放的な空間に生まれ変わりました。

商店街ではなかなか難しい、2Fからのやわらかな天然光が降り注いでおります^^

店頭では、新たな仲間、 ミナペルホネンの生地を仕様したスツールや、

judino(ジュディノ)さんのドライフラワーがお出迎え。

オープン前日は、コーディーター女子組が可動壁を慣れた手つきでペイント。

必ず髪に塗料が付いちゃいますが、それもご愛嬌。

シンプルハウスの顔とも言える、ヴィンテージの家具も、 新しい子が続々とやって来て、

早々にお嫁に旅立って行っております。 チーク材の赤茶と、ブルーグレーはまた合うんですよね!

空間つくりのご参考にどうぞ!

フローリングも一新! ウォルナット(くるみ)の無垢材となりました。

ヴィンテージのチェアにもミナペルホネンの生地を使用しております。

見ていると、なんだかミモザを思い出して、気持ちがウキウキ踊りだしそうになります。

色って、パワーありますね。

グレーの壁をぐるり回ると、、、、、、、 シンプルハウスの双頭の顔、ギャッベ!

こもり間のある空間で、ギャッベの色の変化や個性をたっぷりと堪能していただけます。

そしてそして、、、、、 シナ材のセミオーダー家具も新たにお作りできるようになりました。

こちらは組み合わせ一例で、お好きなサイズ、組み合わせ、色をお選びいただけます。 少し暖かくなってきましたね^^ お出かけの際は、一歩足を伸ばして、シンプルハウスに遊びにお越しくださいませ~! フレッシュな気持ちで、一同お待ちしております。

イベント情報 オープンハウス スタッフのつれづれ リノベーション

ストアスタッフ・シンドウのリノベ日記5~現実と希望と個性の間で揺れる

こんにちは!

引っ越し準備で部屋がめちゃくちゃなシンドウです。

 

カフェなんかの、ザラザラとした質感の白い壁が好きな私。

 

■シンドウ

「天井はスラブ剥き出しにして白で塗装、壁は珪藻土か漆喰で行きたいと思ってるんです」

□プランナーT

「うーーん、、、

 日程がかかるので、希望の引っ越し日に間に合わなくなる可能性があります。

 費用的にも、予算オーバーしてしまいますね」

■シンドウ

「やっぱり、、、

 床が全部無垢、設備も総入れ替え、室内窓も多いですもんね。。。。。」

□プランナーT

「躯体の上から、直接クロスを貼ってるんですよね。

 クロスを躯体から、広い面積きれいに剥がすのも、時間と日数がかかり、

 そこから壁塗るってなると、さらに時間もかかりますね」

■シンドウ

「そっか、剥がすのに時間がかかるなんて、想像もしなかった!

それだけ複数の業者さん、職人さんが関わってくるってことですもんね」

□プランナーT

「天井は、上げずにクロス貼り→スラブ剥き出し→スラブ剥き出し+塗装

 の順番で費用が上がって行きます」

■シンドウ

「???剥き出しの方がかかってくるんですね!?

 何でですか?」

□プランナーT

「天井に電気配線の配管が必要になり、その工事も必要になってくるんですよ」

■シンドウ

「そっかー、、、壁はクロスで、スラブ剥き出し+塗装で見積もりお願いします!

 壁が塗れないなら、せめて天井だけでも。。。。。。」

 

■そして初回見積もりが出る。

「うーん、予算オーバーですね。。。。

 天井はスラブ剥き出しのみで、塗装無にします。」

 

天井を取っ払ってみないと、

おとなしい子なのか、ワイルドな子なのか、

どんなスラブが出てくるのか分からないのですが、

うちの子はワイルドな子でした。

これはこれでいいかな、面白いかなとも思っていたのですが、

住みだすとやっぱり気になるかも、、、、、と思い、

工事が順調に進み引き渡しまで時間があったため、塗装をお願いすることに。

通常2度塗りするところを、軽めのタッチでグレーで一度塗りに。

一時間程でツヤがなくなり、うっすら元々のスラブの素地がいい具合に見えてきました。

スラブの色は黄みがかった色をしているのですが、あえて赤の入ったグレーを選び、

素地との違いを楽しめるように。

 

どんな具合かと言いますと。。。。。。。

完成見学会でご覧いただけます!

http://www.simplehouse.co.jp/event/20180325/