【営業のお知らせ】天神橋本店(レタス・いえの具)の営業時間は(11:00~19:00)、NU茶屋町店は(11:00~21:00)となっております。
【大好評につき7月追加見学会開催!】毎週日曜日開催☆今福鶴見/駅まで1分「高断熱でお財布に優しい住まい」  7月12、19、23、26日(日・祝)限定☆豊中市三ツ池「可愛く子育てに安心の住まい」
07月04日(土) ~ 08月30日(日)◆期間中はポイント10倍◆気持ちのいいおうち時間-リビング・ダイニングフェア‐&イギリスヴィンテージフェア

MENU

【営業のお知らせ】天神橋本店(レタス・いえの具)の営業時間は(11:00~19:00)、NU茶屋町店は(11:00~21:00)となっております。
【大好評につき7月追加見学会開催!】毎週日曜日開催☆今福鶴見/駅まで1分「高断熱でお財布に優しい住まい」  7月12、19、23、26日(日・祝)限定☆豊中市三ツ池「可愛く子育てに安心の住まい」
07月04日(土) ~ 08月30日(日)◆期間中はポイント10倍◆気持ちのいいおうち時間-リビング・ダイニングフェア‐&イギリスヴィンテージフェア

インテリア スタッフのつれづれ 新着情報

ロンドンの地下に住む

こんにちは!家族の都合により、

ちょっとの間、ロンドンのはじっこ暮らしとなったスタッフのシンドウです。

 

ロンドン郊外、日本人の居住も多いイーリングにて、

キッチンや洗濯機などがある、アパートメントに住んでいます。

ここに7室のアパートメントが入っているのですが、

壁の下の金網を除くと、、、、

 

なんと部屋があります。私の居住はこの地下室なのです。

 

玄関入るとまさに家なんですけど、この白い扉ごとに、借りている家族の居室があります。

 

階段はカーペット、スーツケースもお構いなしに引きずれます。

上り下り時も音がせず、暮らしていてもとても静かです。

 

こちらはLDK、右側の窓が地上から見えていた窓。

 

今でも景観に関して規制の厳しいロンドンですが、

1900年台初頭から建築物の高さ規制があり、上の階の増築ができなかったから、

地下室を作ったのだそうです。

昼になれば、明るいんですけど、朝・夕はけっこう暗いです。

 

こちらは寝室の天窓。

このパイプは何?って思ってたら、これで光の量を調整するみたいです。

 

でもめっちゃ硬くて、みんなうまくできないのか、プリーツがむちゃむちゃになっています。。。

日本だと、スライド具合もスムーズなんだろうなー、気の使いどころが違うというか。

 

こちらはLDKのキッチン側、冷蔵庫はどこ?って思うのですが、

 

冷蔵庫も洗濯機も、食洗も横並びにビルトインとなっていました。直線の美ですね!

 

イギリスでもリノベや住宅探しのTV番組がありますが、

日本のような対面型キッチンというのは、少ないように感じます。

やはり、日本の女性が家事や育児の多くを担っている、

というところに起因しているのではないかな?と推測しています。

 

洗濯したものを床に置けないので、キッチンのテーブルトップに置くのは、

不思議な感覚でした。やっぱり床にドサーって並べたいなあ~。

 

靴置き場がないので、靴は部屋ですみっこ暮らししてもらっています。

やっぱり部屋ではスリッパで生活していますが、

玄関先ですれ違った、欧米系の人は裸足でした。。。。何が真実なんでしょうね。。。

 

あと、けっこういい加減だなと思うのが、

日本でいうところの幅木なのですが、斜めにカットされている箇所が3か所あり、

それは何か理由があってのことだと思うのですが、

表面のシート(塗装?)が一部載ってて、こんな状態ありなのかなって。。。。。

謎の箱、これも幅木が丁寧につなげられているのに、銀色のガムテープ。

多分、電気回りの何かを隠しているんだと思いますが、この中途半端な存在感、すごいです。

 

リビングは広いのに、むぎゅっと壁のない空間にまとめられた水回り。

壁がない分、日本の2分の1くらいなんじゃないかと。

 

身長150㎝の私には、鏡の位置が高すぎるし、

便座も高すぎて、足はぶらんぶらんだし、右側にペーパーホルダーは無いし、、、、

イギリスの人はさほど高身長ではないのに、使う人の快適さはどうなっているのかしら。。。。

って思う箇所がちらほら。

パッキンが緩んでいたり、蛇口がぐらぐらだったりも気にならない国民性みたいです。

着いた翌日は、天井から水漏れもしましたしねー。。。。

 

と、日本との国民性、歴史が培ってきた慣習の違いと感じますが、

今はまだ深い考察はできず、これから現地の方にいろいろ聞いて、お話したいと思います。

 

アートギャッベ イベント情報 インテリア スタッフのつれづれ

私のギャッベの選び方。

こんにちは!

アートギャッベの魅力に取り憑かれ 早、10年近くなる

スタッフ柏木です。

 

いよいよ明後日18日よりアートギャッベ展が始まります!!

今回は、どんな子(ギャッベ)達とお客様の出会いがあるのかな?と、

とっても楽しみです♪

 

さてさて、アートギャッベは、ご存知の方も沢山おられますが

全て手織りで、ほとんどが草木染。

丹精込めて織り子さんが敷物として織り上げられたものだから、

色柄、サイズ、

同じものは2つとしてないところが また魅力の1つでもあります。

 

沢山のお客様とギャッベを通してお話する機会も多く

通りすがりの方が、初めてアートギャッベを見て、知って頂き

そのまま、運命的な出会いと共にご購入されるお客様がいっらっしゃいます。

 

または、逆にギャッベはすっっごく欲しいけど、

思い通りのサイズ、色柄じゃないということで、

ずっと購入出来ない方も正直いらっしゃいます。

 

私、柏木も小さいサイズは数点持っていたものの

リビングに150×200センチ 位のアートギャッベが欲しいなぁと思いつつ、

予算と色柄、どちらも自分にしっくりくるものがなかなか見つけられずにいました。

 

そんな時、店内にあるギャッベを改めて1枚1枚めくって見ていた所、

「この子、そういえば、シンプルハウスに一番最初にやってきたギャッベだなぁ。」

「100×150センチと小さいサイズだけど良いギャッベだなぁ。。。。」

「・・・ん??このギャッベ我が家に良いんじゃない?」と、なり

家族会議、満場一致でリビングのソファ前にギャッベを迎えることが出来ました!

 

↑私が座っていると、上に乗ってくる娘。。(苦笑)

 

当初思っていたより小さいサイズでしたが、小さいのでメリットもあります。

 

敷く場所を変えたくなくっても、移動もラクラク、模様替えや、違う部屋にも持って行きやすい!

遊牧民の人達は、小ぶりなギャッベを何枚も敷き詰めて使っているので

そんな風に、気に入ったものがあれば、また増やすことも出来ます。

 

リビングに何枚か重なってもいいから敷く!

かなりベテランですが、そんなライフスタイルもお勧めです。

 

勿論、大きいサイズを敷けるにこしたことはないですが、

サイズが合わない。思っている色柄がない。価格が高く手が出ない。

 

などなど、欲しいのに手に入れれてない方は

少し肩の力を抜いて、制約からではなく自分が好きなギャッベはどれかな?から

見られることもお勧めです!

好きなギャッベに出会ってしまった。どこに敷こうかな?と考えると

とても楽しいです。

 

「あれ?思っていた色柄じゃないけど、私これが好きかも!!」という

お客様も沢山いらっしゃいます。

 

あと、アートギャッベ展でのもう1つのお楽しみは

オールドギャッベや、キリムがご覧頂けることです!

少し前のアートギャッベ展で一目ぼれのアフガンの敷物があり、

これダイニングテーブルの80×135センチ と同じサイズだけど、良い感じになるんじゃ!?

とビビビ!!と衝動買い!

オールドなだけに、柔らかな足ざわり

決して毛足は長くないのですが

お祈り用に大切に使われていた敷物のようで、状態がとても良いものと出会えました。

私は、気づけば小さめサイズばかりですが(笑)

それも楽しいです。

 

是非、敷ける最大のスペースを測ってご来店下さいませ!

インテリアコーディネターが多く在籍する

弊社だからこそ、サイズや色柄のご相談と共に一緒にギャッベ選びが出来ます。

 

皆様も自分だけのお気に入りを見つけに

是非、1/18~1/26の期間中にお越し下さいませ!!

スタッフ一同お待ちしております☆

いろんな個性・サイズに出会う第17回アートギャッベ展

 

 

 

 

 

アートギャッベ スタッフのつれづれ

アートギャッベ、おかわりの理由は…

こんにちは!

 

寒くなってきましたね~、、

と書き出そうと思ったのですが、例年よりも暖冬でした。

そんな令和のお正月も朝の布団から脱出に一苦労の西浦です。

 

 

今日は我が家のアートギャッベをご紹介したいと思います!

 

アートギャッベを買ったのは今から3年ほど前になります。

当時引っ越したばかりの我が家に迎え入れたのが、原毛と四角い窓がたくさん入ったギャッベ。

四角い窓には織子さんの「この四角い窓から幸せが入ってきますように」と願いが込めらた文様です。

新居にはピッタリだなと一目惚れ。

 

元々はサフといわれる毛足の長いタイプのギャッベを探していましたが、

こちらはジャマールという毛足の短いタイプ。

しかし、座っても転んでもすっごく気持ちいい!

原毛の柔らかさも心地よかったんです^^

 

こちらは織子さんのサイン。

お気に入りの1枚にサインを入れて織り上げていきます。

こんなサイン入りを見つけたらラッキーかも^^

 

今では我が家の主役です。

主役のわりにはガシガシ使っているのですが全然傷まず。

先日もトマト鍋のお汁が飛んでしまいましたがなんのその。

 

夏は通り風やエアコンの冷気を吸ってくれてヒンヤリと。

冬は暖房の熱を溜めてくれるのでポカポカと。

1年中大活躍です^^

 

今はギャッベの下にホットカーペットを敷いて使っています。

アートギャッベは床暖房やホットカーペットにも対応しているので、

冬も快適に過ごせています♪

 

ソファもありますが、やはりギャッベの上で過ごす時間の方が長いです。

 

サイズは200cm✖️116cm。

大人2人でちょこんと使うのにいいサイズです。

いつもの定位置です、笑

 

僕の身長は175cmですが転がっても十分な大きさです^^

昼間もこのまま寝てしまいます…zz

 

家に帰ればギャッベの上に向かってしまう。

我が家のホットスポットです♪

 

1枚あるとどんどん欲しくなってくる。それもギャッベの魅力です。

実際に購入頂いたお客様も「次はどこに敷こうかな〜」と悩まれている方も多いです。

 

実は、、

椅子の上にもギャッベを敷いています^^

こちらはミニギャッベです!

長く座っていても疲れません♪

 

パッチワーク柄や

色んな羊がいたり、

 

ミニギャッベは好きな物をたくさん置けるので楽しいですね^^

 

 

まだまだ、

玄関にもギャッベがあります。

サイズは60cm✖️40cmです。マンションの玄関にはいいサイズ感です♪

もう少し大きいサイズもあったのですが、この原毛✖️パッチワークに一目惚れ。

 

帰ってきて必要以上にフミフミしてしまいます。

 

他にも廊下、キッチン、ダイニング、ベンチの上〜などなど…

サイズが豊富にあるのでお好みの場所に、お好みのギャッベを敷いてみて下さい^^

 

一度使うと、おかわりしたくなる、そんな魅力たっぷりのアートギャッベ。

そんなアートギャッベを一堂にご覧いただけるギャッベ展が1月18日(土)からスタート!

ぜひ実際に見て触って、気持ち良さを体感して下さい♪

 

http://www.simplehouse.co.jp/event/20191129/

イベント詳細はこちらから。

 

これから初ギャッベの方も!おかわりギャッベの方も!

ご来店お待ちしております(––)

 

 

改めて我が家のギャッベ達を見てみると、

原毛とパッチワークが多いな〜と感じました、笑

きっとそれも人それぞれの個性ですね。

 

 

リノベーション現場管理

西浦

アートギャッベ スタッフのつれづれ

リノベーション×アートギャッベ

こんにちは!

ブログはじめましてのリノベーション設計 立花です。

昨年もたくさんのお客様に出会い、たくさんのリノベーション工事に携わらせて頂きました。

 

シンプルハウスではお引渡しの際に完成したお部屋にギャッベを敷いて、お客様をお迎えします。

お客様のお好みを熟知したプランナーやコーディネーターが選定しますので、

リノベーション後のお部屋、お住まいになるお客様にピッタリはまります♪

 

『ギャッベはおうちがキレイになってからやな~~』

とお思いのそこのあなた!

実は私もそう思っておりました。

いつかは自分も中古を買ってリノベしてから、、と思っておりましたが、ついに昨年購入致しました。

入荷したときから気になっていたのですが、迷っているうちに

他のお客様が一旦お取り置きされ、1点物の貴重さを身にしみて感じました。

(結果キャンセルされ、わが子が帰ってきたかのような気持ちで即日購入致しました笑)

 

今では我が家に欠かせないアイテム。

いいものだからこそ早く持つほうが幸せ!というのは本当で、

家に帰ってギャッベに触れるたび癒されます。

休みの日はゴロゴロ、食事をするときはギャッベの上に机を置いて食べています。脚型は全く残っていません。

ギャッベの中から芝生のかけら?のようなものを見つけましたが、恐らくイランの地で天日干しした際の芝生で、イランから遥々やってきたことを思うと物語にただただ感心。

ほんとに買ってよかったです。

唯一の嫁入り道具になりました☆

 

今年もたくさんのリノベーション×アートギャッベを提案していきたいと思います。

では店頭またはリノベーション相談で会いましょう。

 

立花

アートギャッベ スタッフのつれづれ

7年経っても

こんにちは!プランディレクターの増田です。

 

もう年末か~と思っていたら、あっという間に年を越し、あっという間にあけおめモードも消え去りました。

無情にも。。

 

———

 

さて2020年はオリンピック開催やら、嵐の活動休止やら、他にも色々起きそうな予感ですが、

我が家にとっては長男が小学校に入学するメモリアルイヤーでもあります。

(写真はピカピカのランドセルを背負う長男)

 

思えば、長男誕生がきっかけで中古を買ってリノベして、今年で7年経つことになります。

(左が竣工直後の7年前、右が最近の写真。同アングルではないですが。。)

 

散らかってるし、壁は穴だらけ、その上オモチャまみれの我が家ですが、それくらいが僕たちらしくて丁度良い。

今でも、とっても気に入って暮らしてます。

右の写真で子供が寝そべっている敷物「アートギャッベ」も自宅リノベのタイミングで購入しました。

 

 

(写真は研究施設にて発明中の長男)

 

子供はゴロゴロするし、遊ぶにしてもエリアを作りたがるので、

文字通り、我が子は毎日このギャッベと触れあって成長して参りました。

 

自宅同様、男児二人に酷使されながらギャッベも今年で7年目ですが、今でも気になる汚れはまだありません。

むしろ時間が経ってツヤツヤになって輝きを増してきたような。。

 

 

本当の意味で、長ーく愛着を持って使えるモノって、なかなかありません。

この先10年、20年、いつか子供が巣立つ時は、共に成長したこのギャッベを渡したい。

そして自分はもう一度リノベーションして、新たなギャッべを買う。

 

そんな日を思い描いて、正月明けのお仕事頑張ります。

 

———

 

前述しております『アートギャッベ』を一度にたくさんご覧頂けるイベントが、今月シンプルハウスにて開催されます。

 

いろんな個性・サイズに出会う第17回アートギャッベ展

(イベント詳細はリンク先をご覧ください。)

 

ご予約ご来店の方には素敵なプレゼントもございます。

一度に300枚もご覧頂ける機会はそうそうに無いので、この機会に是非シンプルハウスへご来店くださいませ。

スタッフ一同お待ちしております。

 

増田