【営業のお知らせ】天神橋本店(レタス・いえの具)の営業時間は(11:00~19:00)、NU茶屋町店は(11:00~21:00)となっております。
【大好評につき7月追加見学会開催!】毎週日曜日開催☆今福鶴見/駅まで1分「高断熱でお財布に優しい住まい」  7月12、19、23、26日(日・祝)限定☆豊中市三ツ池「可愛く子育てに安心の住まい」
07月04日(土) ~ 08月30日(日)◆期間中はポイント10倍◆気持ちのいいおうち時間-リビング・ダイニングフェア‐&イギリスヴィンテージフェア

MENU

【営業のお知らせ】天神橋本店(レタス・いえの具)の営業時間は(11:00~19:00)、NU茶屋町店は(11:00~21:00)となっております。
【大好評につき7月追加見学会開催!】毎週日曜日開催☆今福鶴見/駅まで1分「高断熱でお財布に優しい住まい」  7月12、19、23、26日(日・祝)限定☆豊中市三ツ池「可愛く子育てに安心の住まい」
07月04日(土) ~ 08月30日(日)◆期間中はポイント10倍◆気持ちのいいおうち時間-リビング・ダイニングフェア‐&イギリスヴィンテージフェア

アートギャッベ イベント情報 インテリア

これからの暑い季節にも欠かせない!アートギャッベのご紹介。

こんにちは!

ストアスタッフの久根本です。

 

緊急事態宣言も解除され、普段の生活も街の活気も戻りつつあります。

ですが、おうち時間は緊急事態宣言発令前より増えたのではないでしょうか?

 

そんなおうち時間に欠かせない

おすすめのアートギャッベをご紹介致します!

まずはこちらのギャッベ!

 

とても落ち着いた色合いですが、ちょっぴり可愛らしさありの1枚。

お魚がほの暗い海の底にひっそりと暮らしているようで

今にでも動き出しそうで、見てて飽きないですね。

 

サイズ:91×64

ジャマール

 

続いてはこちらの絵画のようなギャッベ!

 

グラデーションの奥深さがとても温かみを感じ

日の暮れる太陽の光で、生命の木を明るく美しく輝いているかのように見え

まるで夕日のライトアップかのように見える。

 

敷物にするだけでなく、壁に飾りたくなる1枚です!

 

サイズ:97×63

ジャマール

 

また、梅田NU茶屋町店では

6/20(土)~6/28(日)までミニアートギャッベ展を開催致します。

 

これから厳しい暑さがやってきますが、

アートギャッベはオールシーズンご使用頂けます。

とてもひんやり気持ちよく、一度その感覚を覚えてしまうと欠かせないアイテムです。

 

是非この機会に、お越し下さいませ。

心よりお待ち致しております!

 

HPから取扱商品もご覧頂けます。↓↓↓

http://www.simplehouse.co.jp/products/category/artgabbeh/

 

 

イベント情報 インテリア

運命の出会いかも?スタッフお気に入りの1点もの。

こんにちは!シンドウです。

梅雨までのひととき、お出かけが気持ちのよい季節になりましたね^^

 

シンプルハウスのスタッフ間ではときどき、

「私のお気に入りの子が、お嫁にいきました。さみしいけど嬉しいですね」

なんて、会話が交わされます。

 

そんなスタッフが、それぞれのお気に入りの1点ものを語ります。

 

◆スタッフ加藤のお気に入り

レトロな雰囲気がどこか懐かしく、温かみのあるキャビネット。

‟コロン”としたフォルムが愛らしい1点です。

 

ヴィンテージ品なので、重い物を乗せることはできませんが、

小型のTVを置いたり、お気に入りの雑貨を置いても素敵だと思います!

 

引き出しが1つ付いているので、リモコンや大切な物を収納できるのも

オススメポイントです♪

 

ヴィンテージキャビネット:¥85,000+tax

 

◆スタッフ辻のお気に入り

ヴィンテージ買い付け担当として、オススメはパーソナルチェア。

 

味のあるレザーの風合いと、何といっても座り心地の良さ!

新品では出ない、座面の沈み感とホールド感。

何時間でも本を読んでいられるくらい、しっくりと来ます。

 

ヴィンテージレザーパーソナルチェア:¥95,000+tax

 

◆スタッフ高村のお気に入り

 

デンマークの老舗メーカーのヴィンテージ食器、B&GのTEMAシリーズです。

このブルーともグレーとも言い難い絶妙な色と、

無駄のないすっきりとしたフォルムが美しく惹かれました。

 

どこか和食器のような雰囲気が漂い、

ひとつひとつ色の出方や混ざり方が違う唯一無二の作品。

ぜひ生でご覧いただきたいオススメの1点ものです。

飾っているだけでも、とても絵になるんですよ。

 

ヴィンテージ食器、B&GのTEMAシリーズ

カップ&ソーサ―:¥5,900+tax

ミルクピッチャー:¥5,900+tax

ケーキ皿:¥3,000+tax

 

以前、シンドウも買いまして、お客様にコーヒーや紅茶をお出しするときは、

ほぼ、このカップ&ソーサ―を使っているのですが、

「すてきやねー」と喜んでもらえることが多いです^^

色合いの違いを比較して、ウンウンうなりながら、特に好みの子をチョイスしたものです。

 

◆スタッフ黒田のお気に入り

イランからやってきた本場のアートギャッベ。

 

草木染で手間をかけて染められた羊毛。

特にメインの青色は様々に混ざり合って、やわらかく落ち着いており、

見方によっては、あたたかな草原のようにも見えるところがお気に入りです。

 

横に織られているのは珍しく、玄関やベッドサイド、

写真のように洗面台でも!どんな場所でも幅広く活躍するサイズ感で、

どこに敷こうかワクワクします。

 

ぜひ、みなさまにもアートギャッベの上から始まる1日を

体感してもらいたいなと思います。

 

アートギャッベ ジャマール(52×85)

 

◆スタッフ久根本のお気に入り

リノベーションの現場から出る端材で、スタッフの手により、

一つ一つ丁寧に組み合わせて作られる、世界に一つのオリジナル家具「KAKERA」

 

こんな風に、ソファのサイドテーブルとしても、使えますし、

タイルと木との調和が、特にお気に入りのものです。

シンプルなデザインなので、お部屋にもなじみやすいんですよ。

 

生活スタイルに合わせてお使いいただけますし、

自然がもたらす木目がとてもきれいで、

使えば使うほど、愛着がわき、日々の暮らしが楽しくなる1点ものです。

 

KAKERA(W38 D38 H50):¥23,000+tax

 

実はこのタイル、シンドウの実家のリノベの際、

キッチンで使わせてもらったタイルです。

真っ白じゃないほんのりグリーンも感じるような色合いと、マットな質感、

角度を変えると見え隠れする、繊細な模様は、タイルならではの奥ゆかしい美しさ。

実家に帰るたびに、「いいタイルやなー」って思わずにいられません。

 

 

◆スタッフ大宅のお気に入り

 

やっとやってきた、KAKERAのダイニングです!

4人掛けの幅1200で、マンションでも置きやすい大きさ。

これがまた、木の温かみとコントラストがたまらんのです。

 

 

KAKERAダイニングテーブル(W120 D80 H70)¥78,000+tax

 

目と目が合うような出会いはありましたでしょうか?

22日からは、梅田NU茶屋町店も再開しております。

お散歩がてらに、天満のウマ安ごはん&1点もの巡りツアーはいかがでしょうか?

 

6月28日までの1点もの展開催中は、お買い上げでお好きなグリーンプレゼントの

キャンペーンを行っております。

まだ、普段通りとはいかない生活、心を込めて作られた1点ものが

心を豊かにしてくれますように。

 

1点もの展 – 心を満たすおうち時間づくり

アートギャッベ イベント情報 新着情報

ミニアートギャッベ展

急遽、ロックダウン前のロンドンから帰国し、

和室を残したリノベの我が家に戻ってきた、シンドウです。

床に寝っ転がれるって、やっぱりいいものです。

 

さてさて、床ねっころび生活に欠かせないのが、アートギャッベ。

パーソナルスペースを快適にしてくれます。

 

 

こちらは、4月25日から天神橋本店いえの具にて開催スタートの、

ミニアートギャッベ展のもよう。

その名の通り、小さめギャッベが大集合しております。

ソファの前にこんな風にギャッベがあると、床の上でも、のびのびくつろげます^^

 

日当たりの良い場所に移動して、ほっこりスペースを作れるのも、

ミニギャッベならではの楽しみ方のひとつです。

 

こちらのミニギャッベは、スタッフ間でも人気の高い1枚。

地平線を境に、しだいに色づく夕暮れ前なのか

金色に染まった、収穫の季節をあらわしたものなのか、

シンプルな中に、遥か遠くの風景を思わせる、

味わい深さがあります。

ミニギャッベにしては、めずらしいかっこいい

抽象的なものもセレクトしております。

地底で煮えたぎるマグマを彷彿としてしまいますが、

2つあるってことは、双方の目に映る夕日かも?

思いを巡らせるのがおもしろい1枚です。

 

慣れない自宅でのお仕事で、

イスの座り心地に満足できない方も多いと思います。

柔らかな羊毛がみっちりと詰まったアートギャッベは、

体をしっかりと支えてくれるので、

長時間の同じ姿勢も疲れにくくなっています。

 

遊牧民はずっとこの上で生活していますし、

さすがの使い心地です。

 

 

今回は、レアな丸いミニギャッベもセレクトできました!

織機は長方形なので、特殊なアイデアがここには詰まっていますね。

 

もう少し世の中が落ち着いたら、

レジャーシートの上に敷いたり、ベンチに敷いたり、

車のラゲッジスペースをくつろぎスペースにしたり、室内外お供してくれます。

 

店内奥のスペースには、さまざまなサイズのアートギャッベがたくさん!

お越しの際は、ぜひ、こちらもご覧くださいね^^

 

 ホームページでは店内で会えるミニギャッベも、

 ご案内をはじめました!

 →ギャッベを見る

 

選りすぐりセレクト「ミニアートギャッベ展」-アートギャッベと旅に出よう-

アートギャッベ イベント情報 インテリア

ギャッベのお手入れってどうするの?

こんにちは、スタッフの山崎です。


いよいよ、今週末までになりました「アートギャッベ展」

先週から多くのお客様にご来場いただき、

家族の一員になっていったギャッベ達をたくさん見てきました!

ギャッベを見に来られた方から「100%」の確率で、ご質問いただくことがあります。



「お手入れってどうするの?」



高い買い物であり、一目ぼれした1点もの。

長く愛着持って使いたいので、お手入れはしっかり覚えておきたいですよね。

 

普段のお手入れは、毛の流れに沿って掃除機をかけるだけでOKです。

ピカピカにお掃除したい!という時は、

ウール用の洗剤を薄めたぬるま湯で湿らせ、固く絞ったタオルで拭き上げ、

その後乾拭きしてください。

※あまりこすると、ウールはフェルト化するのでご注意ください。

 

そして、

日常生活で、緊急事態もおこります。

 

例えば、「液体(ジューズなど)をこぼしてしまった!」場合。

そこで、緊急時のお手入れ方法をご紹介☆

 

用意するのは、

・ティッシュ

・固く絞ったタオル

今回は、色の濃さそうな野菜ジュースで試してみました。

こぼした瞬間から、おっ!弾いてる!?

羊の油分がある毛を使っているので、水分が中まで入らず表面で留まっています。

 

早くふき取りたい気持ちを抑えて、、

水分のあるところにふわっとティッシュを置きます。

置くだけです!

 

だんだん、ティッシュにジュースが染み込んでいくのがわかります。

裏返すとこんな感じ。

写真ではわかりにくいですが、ここまでの状態だとジュースの色が残っていて

こぼしたんだな~というのがわかります。

あらかた、水分を吸い取ったら、

最後に、固く絞ったタオルで優しく叩いて汚れを落としていきます。

ティッシュでは落とせなかった汚れが、タオルに移るのがわかります!

濡れたタオルで汚れを落とした部分は濡れ色になるため、はじめは汚れた部分がわかりますが、

乾くとほとんどわかりません。

この2工程だけで、汚れが落とせました^^

 

 

べたつきのある汚れの落とし方は?

細かいお菓子のカスが入って取れなくなったりしない?

なんてお話しもお聞きしますが、

実際に試したところ、ほとんどキレイに落とすことが出来ました!

 

べたつき系の汚れ代表で、マヨネーズでお試し。

まずは、汚れが広がらないようにスプーンで汚れをすくって、取り除きます。

あとは、濡れタオルで毛足をつまむようにして拭き取ります。

ベタベタするときは、中性洗剤を染み込ませたタオルを使用すると良いです。

 

小さなお菓子カスも表面に留まって、中まで入り込まず。

お手入れは、毛並みに沿って掃除機をかければOKです!

 

 

ただ、汚れの成分や状態によっては完ぺきに落とせない事もありますが、

使っているうちに遊び毛と一緒に抜け落ち、汚れが目立たなくなってきた!ということもあります。

お客様の中には、この汚れはこの子が小さいころに~なんて思い出話しになっている方もいます。


と、言いつつも

なかなか言葉や写真では、伝えきれないもどかしさがあります。。

ですので、ぜひ実物を見て、触って、良さを感じてください!


お店では、こぼしちゃった実演もお試しギャッベを使って体験いただけます!

ぜひお店にお越し下さいませ☆

アートギャッベ イベント情報 インテリア お客様宅訪問

アートギャッベの上で

こんにちは。スタッフ石村です。

アートギャッベ展二日目も大変多くの方にご来場頂きました^^!

写真は本日、家族に迎え入れられたギャッベ達と、そこのお子さんのショット。

もうすでにずっと使っていたかのような、しっくり感。

子供は、説明不要!直感でギャッベを感じてくれますね~

10月にリノベーション工事をさせて頂いたS様宅の超かわいこちゃん。

下の写真はご家族そろってギャッベと記念撮影させて頂きました。

床材はカバ材で、絹のような上品な印象。

淡い色をベースにギャッベの文様と草木染の色がアクセントになっています。

 

どんなギャッベにするかの基準は、サイズと床材の色と、他重要インテリアポイントを頭に入れながら…

こちらは、S様がステンドグラス屋さんでご購入されたものを、弊社オリジナル建具にはめ込みました。

ただいま~と玄関を入ると正面に見えてくる家のシンボル。

青が入ったギャッベとも迷いましたが、こちらで大正解でしたね!

 

お次の写真も、リノベOB様のK様ご家族。

こちらの御宅はナラ材のフローリングです。

朱が入ったランナーギャッベをセレクト。

このサイズは色んな場所にもっていけるのでオススメです。

ゴロンゴロン気持ち良さそうですね^^

こちらは男の子2人がはっちゃけてますね(笑)

5年前にリノベさせて頂いたT様。

壁に展示していた珍しい色合いの風景ギャッベを迎え入れてくださいました。

床とカーテンとばっちり合ってます!

男の子2人に揉まれても、全然ビクともしない丈夫なギャッベなのでご安心下さい。

こういうものを見て・触れて育つ事はとても大切だなぁと思います。

 

シンプルハウスは自信を持ってオススメします。

是非小さなお子さんがいらっしゃるおウチにこそ!